SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

“常に冷戦状態”だったたけし、幹子さんのことでグチも関係者「どこかで心の傷に」(スポニチアネックス)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


たけしと、漫才コンビ「ミキ&ミチ」として活動していた幹子さんが出会ったのは、78年の番組共演。

81年にはフジテレビ「オレたちひょうきん族」で“夫婦漫才”を披露したこともある。

関係者は「たけしさんは数年前まで酔うと当時(幹子さんの不倫)のことでグチをこぼすことがあった。

≪内海桂子と親交≫幹子さんが大阪から東京に拠点を移し、漫才師コンビ「ミキ&ミチ」として活動していた頃に師事していたのが内海桂子(96)。

80年代にたけしが離婚を切り出した際も心配し「下積み時代から支えているんだから、離婚してはダメだ」と励ます手紙を送ったという。

出典: “常に冷戦状態”だったたけし、幹子さんのことでグチも関係者「どこかで心の傷に」(スポニチアネックス) Yahoo!ニュース


元の記事を読む