SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

巨人6年ぶり日本S進出!丸V打、阪神終戦/詳細 - プロ野球 : 日刊スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


7回裏巨人1死一塁、右中間へ2点本塁打を放つゲレーロ(撮影・清水貴仁)7回裏巨人1死一塁、右中間へ2点本塁打を放ち生還するゲレーロ(撮影・清水貴仁) 阪神 無死一、二塁となったところで大竹が登板。

巨人対阪神 6回表阪神1死一、二塁、大山を三振に仕留め雄たけびを上げる大竹(撮影・垰建太)巨人対阪神 6回裏巨人2死三塁、丸はスクイズを決める(撮影・浅見桂子)6回裏阪神2死三塁、丸のセーフティバントを処理するも送球が逸れガックリする西(撮影・奥田泰也) 巨人 さすが岡本さん! 巨人 1死から坂本勇がチーム初安打を中前に運ぶ。

4回表阪神無死一塁、打者梅野の時に走るもアウトとなる大山、二塁手は田中俊(撮影・清水貴仁)巨人対阪神 4回裏巨人1死、中前打を放つ坂本勇人(撮影・清水貴仁)=2019年10月13日、東京ドーム 阪神 1死から近本が敵失、北條は死球で一、二塁。

巨人対阪神 3回表阪神2死、阿部は近本の打球をエラーする(撮影・加藤哉)3回表阪神1死一塁、足に死球を受けた北條(左)と様子を見に出てくる矢野監督(撮影・清水貴仁) 阪神 大山が左中間二塁打。

出典: 巨人6年ぶり日本S進出!丸V打、阪神終戦/詳細 - プロ野球 : 日刊スポーツ FNN.jpプライムオンライン


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ