SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

母親、起訴内容認める=夫の暴力止めず、懲役2年求刑-小4女児虐待死・千葉地裁

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


千葉県野田市で1月、小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)であり、同被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。

なぎさ被告は捜査当局の調べに対し、勇一郎被告からDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けていたと供述。

勇一郎被告は、心愛さんの顔に冷水シャワーを浴びせるなどの暴行を加え、1月24日に死亡させたなどとして傷害致死罪などで起訴されている。

同被告は、なぎさ被告に対する暴行罪でも起訴されたが、公判期日は決まっていない。

オフィス版 国際映画祭 仏カンヌ 佳子さま 夕食会に 現役引退 伊藤みき 珍しい 決まり手 京マチ子 さん死去 痛恨ミス 世界選逃す 360キロ 新型新幹線 米最新ステルス駆逐艦 最新潜水艦 海上自衛隊 北朝鮮の 軍事力 真凜の来季 フリーは 金メダル!

出典: 母親、起訴内容認める=夫の暴力止めず、懲役2年求刑-小4女児虐待死・千葉地裁 時事ドットコム


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ