SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ハンセン病首相「おわび」家族補償、法整

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


政府は家族への補償について、法整備による措置を念頭に調整する方針。

原告団の林力(ちから)原告団長(94)は国会内で記者会見し「長い隔離政策の中で培われた予断と偏見、無知的な状況を放置してきた国家の責任、そのことを改めて私たちは問いたい」と、差別をなくす活動に真剣に取り組むよう政府に求めた。

計約三億七千六百万円の賠償を速やかに履行するとも書いた。

原告弁護団の徳田靖之共同代表は「七月中にも始めたい」と求めた。

▼家族に対しても社会に極めて厳しい偏見、差別が存在した。

出典: ハンセン病首相「おわび」家族補償、法整 東京新聞


元の記事を読む

関連記事

「ハンセン病」のその他の記事

こちらの記事もオススメ