SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織圭 フェデラーに敗れるも、調子は上がってきている

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


フェデラーのセカンドサーブをリターンから攻略し、錦織が得意とするショットメイクによってポイントにつなげたため、第1セットでフェデラーのセカンドサーブポイント獲得率は36%にとどまった。

大事な時に良いサーブを打てるよう模索していましたが、必ずしもサーブ全体がだめだったとは思っていません。

第2セット以降、錦織は一度もフェデラーのサービスをブレークできなかった。

グランドスラム通算では12回目のグランドスラムベスト8となり、トップ10プレーヤーとしてその地位に恥じない結果を残し続けている。

いまだに錦織が、グランドスラム初制覇をするために乗り越えなければならない、フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチの”ビッグ3の壁”はとてつもなく高いことを思い知らされたフェデラーからの敗戦ではあったが、立ち止まっている時間はない。

出典: 錦織圭 フェデラーに敗れるも、調子は上がってきている livedoor


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ