SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

たけし離婚に高橋知典弁護士、財産分与は「折半+慰謝料」が一般的

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


タレント、ビートたけし(72)が40年近く連れ添った妻の幹子さん(68)と今月上旬に離婚していたことが12日、サンケイスポーツの取材で分かった。

離婚協議で争点になることが多いのは財産分与と慰謝料。

離婚に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士によると「財産分与は結婚して以降の2人の財産を折半するのが一般的。

不倫、暴力、ギャンブルなどによって夫婦関係を壊した有責配偶者には慰謝料が生じ、500万円~150万円が平均的な金額」という。

たけしが数百億円とも言われる財産を全て前妻に譲渡したとされることについては「法律上そこまでする必要はなく、たけしさんの場合であれば資産の半額+慰謝料500万円」とした上で、「〔1〕一日も早く離婚を成立させたかった〔2〕離婚裁判までしたくなかった〔3〕泥沼のイメージを回避するため〔4〕前妻への謝罪と感謝の気持ちを込めて-の4点から全財産を譲渡したのではないか。

出典: たけし離婚に高橋知典弁護士、財産分与は「折半+慰謝料」が一般的 サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ