SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

なぜ日ハム・吉田輝星は8割ストレート勝負でプロ初登板初勝利を手にできたのか?(THE PAGE)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が12日、札幌ドームで行われた交流戦の広島戦にプロ初先発、5回を投げ4安打4奪三振2四球1失点の内容で、デビュー戦で初勝利を飾った。

これが果たして18歳のルーキーだろうか。

これ以上ない厳しい舞台設定だったが、「初めての1軍マウンドで、試合開始から雰囲気は違うなと思いました。

トラックマンを使ったデータ分析では、ドジャースのエース、カーショーのカーブに回転軸や軌道が似ているとされるカーブである。

大田に先制の12号ソロの援護点をプレゼントしてもらっていたが、たちまち同点になった。

出典: なぜ日ハム・吉田輝星は8割ストレート勝負でプロ初登板初勝利を手にできたのか?(THE PAGE) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ