SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ミシガン大学の教授が作った配達ロボは低コスト雪道も走る

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


そして2人はミシガン大学のロボティクスプログラムで一緒に働いた。

高価なライダーやセンサーは搭載しておらず、自転車レーンを走行し、雨や雪でも走行するようにデザインされている、と共同創業者でCEOであるジョンソン-ロバーソン氏はTechCrunchに対し語った。

しかし企業の方は、こうした需要に応えられる確実で経済的な手法を確保しようともがいている」とeLab Venturesの専務取締役のBob Stefanski(ボブ・ステファンスキ)氏は語った。

高価なライダーセンサーを使用しないことで、この配達ロボの価格は5000ドルに抑えられている。

同社は今後6カ月以内にさらに大きな企業と提携を考えているが、そうしたパートナー企業は、多くの自律車両の企業がテストを行っている南西部やカリフォルニアではない。

出典: ミシガン大学の教授が作った配達ロボは低コスト雪道も走る TechCrunch


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ