SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

タイ西野監督ほろ苦初陣ドロー、主導権握るも無得点 - 海外サッカー

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


タイ代表の西野朗監督(64)にとって、ほろ苦い初陣となった。

ホームでベトナムを迎えた初戦は、90分間主導権を握って攻めまくったが、得点を挙げることはできず、0-0で引き分けた。

白いシャツの西野監督は、テクニカルエリアの最前線でピッチに指示を送ったが、決定機はつくれなかった。

後半開始早々には、左サイドからチャナティップが逆サイドにボールを送り、ペナルティーエリア内で相手のハンドを誘ったように見えたが、認められなかった。

勝ち点1を分け合った西野監督は、終了のホイッスル直後、相手監督の抱き合い、ピッチサイドから離れた。

出典: タイ西野監督ほろ苦初陣ドロー、主導権握るも無得点 - 海外サッカー 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ