SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

安倍首相イラン訪問へ 緊張緩和に向けた対応引き出せるか

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


一方で、今回のイラン訪問は日本側の発案で実現したものだとしたうえで「トランプ大統領は安倍総理大臣との良好な関係をもとにみずからのメッセージや対話に関心があることをイラン側に伝えて欲しいと考えているかもしれないが、それが前向きな成果に結びつくとは思えない」と述べトランプ大統領が意欲を見せている直接対話などにつながる可能性は低いという見方を示しました。

目標は圧力を最大限かけることで交渉に持ち込むことだ」と述べたうえで、「トランプ大統領は交渉の達人を自認していて、イランのロウハニ大統領や最高指導者ハメネイ師との会談に強い意欲があるはずだ」としています。

また、トランプ大統領が安倍総理大臣からイラン訪問を検討していると伝えられた際、反対しなかった理由について「安倍総理大臣とトランプ大統領の良好な関係がある。

アメリカとイランの対立で中東情勢が緊迫する中、安倍総理大臣は12日からイランを訪れ、ロウハニ大統領、最高指導者ハメネイ師と会談することにしています。

そのうえで、エネルギーを依存する日本にとって、中東地域の平和と安定は死活的に重要だとして、緊張緩和に向けてアメリカとの対話など、建設的な対応を働きかけるとともに、核合意への支持と着実な履行を求めることにしています。

出典: 安倍首相イラン訪問へ 緊張緩和に向けた対応引き出せるか NHKニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ