SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

元琴欧州の鳴戸親方「やっと」総工費3億円部屋開き - 大相撲

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


大相撲の鳴戸親方(元大関琴欧洲)が8日、東京・墨田区内で部屋開きを行った。

部屋開きには同じ二所ノ関一門の理事である尾車親方(元大関琴風)、芝田山親方(元横綱大乃国)や、佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)らが出席。

1階の稽古場は冷暖房完備で、衛生面に配慮してウオーターサーバーも設置。

師匠は「お互いにライバル意識が出てきた」と、稽古に活気が出てきたと明かす。

ブルガリアから来日して、17年に欧州出身で初の部屋持ち親方となった師匠は「私が相撲を取るわけじゃない。

出典: 元琴欧州の鳴戸親方「やっと」総工費3億円部屋開き - 大相撲 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ