SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

はやぶさ2降下中「クレーターできてるかな」まもなく確認

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


探査機「はやぶさ2」は25日、金属弾を衝突させた小惑星「リュウグウ」にクレーターができたかどうか調べるために小惑星の上空1.7キロまで接近して確認作業を行う。

午前10時45分現在、高度2000mを切って、順調に降下中だ。

探査機から切り離した小型カメラによって、小石や砂粒が飛び散るようすもとらえられているが、実際にクレーターが作られたかどうかは、接近して撮影しなければわからない。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさ2は24日午後、高度20キロ上空のホームポジションから、秒速40センチで降下を開始。

きょう未明、上空5000メートルに降下した時点で減速し、午前11時16分ごろには高度1700メートルまで近づき、上空からクレーターができているかどうか観測を行う。

出典: はやぶさ2降下中「クレーターできてるかな」まもなく確認 ハザードラボ


元の記事を読む