SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

新生NGT「つながり防止策」など異例7ヵ条発表 - AKB48 : 日刊スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


NGT48は1日未明、公式サイトで「ご報告」として、早川麻依子劇場支配人が今後についての対応を発表した。

今年に入って、5月にNGT48を卒業した山口真帆への暴行被疑事件をめぐって、騒動が広がっていた。

吉成夏子社長のメッセージとして「グループの運営・管理において、皆様に大変なご心配やご迷惑をお掛けするような事態を招いたことは、成長に見合ったガバナンスが欠如していたことの表れであり、深く反省致しております。

更にこの先10年、20年と、多くの女性の夢を預かり、メンバーが輝ける場所を提供し続けていく為には、成長だけではなく、企業として成熟していくことが重要であることを痛感し、社会的な責任を負える企業になれるよう、運営・管理体制の改善に着手しております」などととした。

新たにアドバイザリーとして俳優のマシ・オカら3人を迎えることが明らかになり、「役員構成」から、運営責任者だった松村匠氏らが外れた。

出典: 新生NGT「つながり防止策」など異例7ヵ条発表 - AKB48 : 日刊スポーツ FNN.jpプライムオンライン


元の記事を読む
話題のトレンドまとめ

NGT48・山口真帆の暴行事件騒動

NGT48・山口真帆が1ヶ月前に複数の男性から暴行被害を受けていたという告白が大きな波紋を呼んでいる。2名の男性は暴行容疑で逮捕されたものの、容疑は否認で不起訴とされた。NGT48劇場の今村悦朗支配人が異動により退任する事態に。
続きを読む