SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督“鶴の一声”(日刊ゲンダイDIGITAL)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


同じく1位候補の星稜・奥川恭伸(3年)が今春のセンバツ1回戦で好投した際、長谷川部長は「今一軍で投げても5つくらい勝つんじゃないか。

高校野球の大会に1人だけプロが交じっている感じ。

松坂や田中(現ヤンキース)は高校時代からスタミナがあったけど、それを除けば、その2人より上。

実力に加え、人気、知名度も重視し、1位は甲子園のスター選手を指名する傾向がある。

「就任早々の昨年も、吉田輝星(現日本ハム)で決まりかけていたドラフト1位が原監督の意向で根尾に変更になった。

出典: スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督“鶴の一声”(日刊ゲンダイDIGITAL) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ