SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」衝突装置運用の成功につい

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成31(2019)年4月5日に小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載した衝突装置(SCI: Small Carry-on Impactor)を小惑星Ryugu(リュウグウ)に向けて分離し、作動させる運用を行いました。

「はやぶさ2」に搭載している望遠の光学航法カメラ(ONC-T)の観測画像を確認した結果、衝突装置によりクレーターが生成されたと判断しましたのでお知らせします。

現在、探査機の状態は正常です。

画像は「はやぶさ2」に搭載した望遠の光学航法カメラ(ONC-T)で撮影しました。

クレーターの大きさや深さについては解析中です。

出典: JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」衝突装置運用の成功につい JAXA | 宇宙航空研究開発機構


元の記事を読む