SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

桜島が噴火し噴煙が火口上5500mに達する 5000mを超えるのは3年ぶり

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


活発な活動が続いている 鹿児島県 桜島で8日(金)17時24分頃に噴火し、噴煙が火口上5500mに達しました。

上空高い所は西寄りの風が吹いているため、噴煙は東に流れ鹿児島県の大隅地方を中心に降灰のおそれがあります。

噴火警戒レベルは変化がなく3(入山規制)を継続しています。

桜島では火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量が多い状態であることや、山体膨張と考えられる地殻変動がみられていることから、今後も活発な噴火活動が継続する可能性があります。

南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する、火山弾と呼ばれる大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

出典: 桜島が噴火し噴煙が火口上5500mに達する 5000mを超えるのは3年ぶり livedoor


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ