SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織、帝王フェデラー撃破へ入念調整センターコート第2試合に登場(2019年7月10日)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


◇テニスウィンブルドン選手権第9日(2019年7月10日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)男子準々決勝で4大大会最多20勝を誇る ロジャー・フェデラー (37=スイス)と対戦する第8シードの 錦織圭 (29=日清食品)が、会場内のコートで直前調整を行った。

レシーブやサーブなどの細部の動作を確認し、抜かりなく準備を進めた。

右上腕を気にする場面もあったが、真剣なまなざしで30分の割り当て時間を使い切った。

錦織VSフェデラーの準々決勝は日本時間午後9時から第1試合が始まったセンターコートの第2試合となる。

錦織が聖地で4強進出を果たせば、1933年の佐藤次郎以来86年ぶり、戦後初の快挙となる。

出典: 錦織、帝王フェデラー撃破へ入念調整センターコート第2試合に登場(2019年7月10日) BIGLOBEニュース


元の記事を読む