SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

盤石なバックスがシリーズ初戦を勝利! ロペスはプレーオフキャリアハイの29得点(バスケットボールキング)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


5月16日(現地時間15日)、トロント・ラプターズとミルウォーキー・バックスのイースタン・カンファレンス決勝の第1戦が、バックスのホームであるファイサーブ・フォーラムにて行われた。

試合は開始からバックスのヤニス・アデトクンボが速攻からダンクを叩き込むと、序盤からチームに勢いを与えてそのまま主導権を握るかと思われた。

だがラプターズはカイル・ラウリーの3ポイントシュート、パスカル・シアカムのプルアップジャンプシュートなどで得点を記録し続けて、前半は逆転を許さずに59-51の8点リードでハーフタイムへ。

2001年以来となるカンファレンス決勝において勝利を収めたバックス(1勝0敗)は、ロペスが29得点11リバウンド4ブロック、アデトクンボが24得点14リバウンド6アシスト2スティール、マルコム・ブロングトンが15得点3アシスト、ミロティッチが13得点6リバウンド、クリス・ミドルトンが11得点11リバウンドを記録。

中心選手であるレナードとラウリーの2人で合計61得点を稼いだが、ゲーム終盤のバックスのディフェンスを突破することができなかった。

出典: 盤石なバックスがシリーズ初戦を勝利! ロペスはプレーオフキャリアハイの29得点(バスケットボールキング) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

関連記事

「ロペス」のその他の記事

こちらの記事もオススメ