SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

米国務長官、タンカー攻撃「イランに責任」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ポンペオ米国務長官は13日、中東のホルムズ海峡付近でタンカー2隻が攻撃を受けた事件について声明を発表し、「イランに責任がある」と明言した。

集められた情報、使用された武器、攻撃を遂行するための技術のレベルなどから判断したと説明した。

トランプ大統領はツイッターで、イランの最高指導者ハメネイ師と会談した安倍晋三首相に「とても感謝する」と表明したうえで、「(イランと)ディール(取引)することを検討するのは時期尚早だと感じている。

彼らにはその用意がないし、私もない」と強調。

イランとの対話に前向きだった姿勢を修正した。

出典: 米国務長官、タンカー攻撃「イランに責任」 毎日新聞


元の記事を読む