SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

はやぶさ2クレーター探索へ実った執念の調整「無理やりねじこんだリハ」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


「ベスト・オブ・ベストのシナリオになった」(5日、津田雄一・プロジェクトマネジャー)、「今までの状況を見るとほぼ命中したと思う」(11日、久保田孝・宇宙航空研究開発機構=JAXA=宇宙科学研究所研究総主幹)。

チャンピオンデータとは、理想値に最も近い実測値を指し、想定していた誤差を大幅に下回る理想的な噴射が実現したという。

佐伯さんは「リュウグウ到着から9カ月たち、探査機に慣れてきたところがある。

レンズや基板だけではなく、アンテナ、通信機もデジタルとアナログの2種類を搭載した。

科学的な成果につながる可能性の高いデジタルカメラが十分に撮影できるように、撮影時間や通信用アンテナの場所もデジタルを優先させた。

出典: はやぶさ2クレーター探索へ実った執念の調整「無理やりねじこんだリハ」 ニフティニュース


元の記事を読む