SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

平行線の韓日「文は大義を叫び、安倍は契約書にこだわった」(中央日報日本語版)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


だが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、企業家との青瓦台(チョンワデ、大統領府)懇談会で「日本政府が政治的目的のために韓国経済に打撃を与える措置を取った」と触れたのみで、「徴用」については取り上げなかった。

それぞれ異なる方向を見ている文大統領と安倍首相、専門家は「両首脳間、広く両国社会間の本質的な認識の違いが原因」と分析する。

反面、文大統領と韓国政府は徴用問題の歴史性を強調する。

日本政府がそれに対してもう少し謙虚な立場を持たなければならない」。

このような「認識の平行線」は過去にもあった。

出典: 平行線の韓日「文は大義を叫び、安倍は契約書にこだわった」(中央日報日本語版) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ