SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「純烈」後上が肺気腫、リーダー・酒井が脂肪肝と診断再びグループ存続危

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


肺気腫と診断された後上翔太(C)TBS脂肪肝と診断された酒井一圭(C)TBS 4人組歌謡コーラスグループ「純烈」のコーラス担当・後上(ごがみ)翔太(32)が、若年性肺気腫を患っていることが4日、分かった。

12年間、たばこを1日20本吸い続けたといい、肺年齢は実年齢より23歳上と診断された。

肺気腫は、喫煙によって有害な粒子が肺の壁を徐々に壊していき、酸素が上手く取り込めなくなる病気。

息苦しさや呼吸困難を引き起こすおそれもある。

血糖値が乱高下する“血糖値スパイク”の症状もあり、2型糖尿病になる可能性もあると診断された。

出典: 「純烈」後上が肺気腫、リーダー・酒井が脂肪肝と診断再びグループ存続危 スポーツ報知


元の記事を読む