SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織、ナダルに敗れ初の全仏4強ならず激戦ダメージ大きく…“赤土の王者”にストレート完敗

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


◇全仏オープン第10日(2019年6月4日 パリ・ローランギャロス)テニスの全仏オープンは4日、男子シングルス準々決勝が行われ、2年ぶり3度目の8強入りを決めた世界ランク7位の錦織圭(29=日清食品)は、3連覇を狙うラファエル・ナダル(33=スペイン)に1―6、1―6、3―6でストレート負け。

精密機械のようなナダルの正確なショットに歯が立たず、第7ゲームでもブレークを奪われ、このセットも1―6で落とした。

第2セット終了後にはトレーナーが錦織の右肘付近をチェックするシーンも。

悪天候で約1時間の中断を挟んだが、再開後も流れは変わらず。

ナダルにきっちりとサービスをキープされて敗れた。

出典: 錦織、ナダルに敗れ初の全仏4強ならず激戦ダメージ大きく…“赤土の王者”にストレート完敗 ライブドアニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ