SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

筑波大、PK戦12―11で法大下し総理大臣杯切符 - サッカー

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


延長で追加点を奪えず、もつれ込んだPK戦も12-11という激闘だった。

筑波大はトゥーロン国際大会に出場中のU-22日本代表MF三笘薫(4年)を、法大は南米選手権(コパ・アメリカ)に出場する日本代表FW上田綺世(3年)と、両エースを欠く中での一戦だったが、両チームの意地がぶつかり合った。

途中出場したFW佐藤大樹(2年)がゴール前左へとドリブルで持ち込み、左足を強振。

この日は明大(2-0中大)、駒大(1-0順大)、立正大(3-2拓大)の3チームも準決勝へ勝ち進み、全国切符を手にした。

続く準決勝、順位決定戦(5~7位)は7月20、21日にAGFフィールドで、3位決定戦と決勝は27日に東京・味の素フィールド西が丘で行われる。

出典: 筑波大、PK戦12―11で法大下し総理大臣杯切符 - サッカー 日刊スポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ