SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ボブ・アラム氏、村田諒太は「本当のチャンピオンらしい試合をした」/BO

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ボクシングのダブル世界戦は12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で各12回戦が行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級は前王者で同級4位の村田諒太(帝拳)が王者ロブ・ブラント(米国)との再戦を2回2分34秒、TKOで制して9カ月ぶりに王座に返り咲いた。

村田は試合開始直後こそブラントの手数に手を焼いたが、2回に果敢に打ち合ってダウンを奪い、再開直後からラッシュを仕掛け、主審が試合を止めた。

米興行大手トップランク社のボブ・アラム氏の話 「村田は今回、本当のチャンピオンらしい試合をした。

浜田剛史・帝拳プロモーション代表の話 「村田の言葉通り、いい練習ができていた。

前回の反省を踏まえて相手と同時に当たれば、村田のパンチが効くと思っていた。

出典: ボブ・アラム氏、村田諒太は「本当のチャンピオンらしい試合をした」/BO サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ