SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

サニブラウン故障連続も弱点克服へ貪欲に学び9秒台 - 陸上

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が日本人2人目となる9秒台をマークした。

サニブラウンの臀部(でんぶ)、太もも裏、肩甲骨周りなどの筋肉は走るエネルギーを生み出す力に優れている。

だから競技人生はけがとの闘いだった。

高校総体南関東大会の男子400メートルリレーに第1走者で出場後、人影が少なくなったバックストレートで腰にチューブを巻き、高速の感覚を体に染み込ませる練習をしていると突如、倒れ込んだ。

走れぬ時間、屈辱に向き合い、貴重な成長の糧とする力があった。

出典: サニブラウン故障連続も弱点克服へ貪欲に学び9秒台 - 陸上 日刊スポーツ


元の記事を読む