SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ドッカンターボのじゃじゃ馬ばかり 高性能コンパクトカー5選(くるまのニュース)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


しかし、1970年代から1980年代にかけては、動力性能を飛躍的に向上させたコンパクトカーがたくさん出現し、いわゆる「ホットハッチ」と呼ばれました。

初代日産「マーチ」は1982年に発売され、世界戦略車として国内のみならずヨーロッパでもヒットしたコンパクトカーです。

出力は110馬力とマーチRから変わらず、スーパーチャージャーによる低速域のパワーと、ターボによる高速域のパワーを両立しており、全域に渡って高い性能を発揮しました。

そのための競技車両として「ストーリアX4」や「ブーンX4」が開発されました。

サスペンションも標準車よりチューニングされ、高い走行性能を誇っていました。

出典: ドッカンターボのじゃじゃ馬ばかり 高性能コンパクトカー5選(くるまのニュース) Yahoo!ニュース


元の記事を読む