SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

フライトシミュレーター開発会社の社員が戦闘機のフライトマニュアルを密輸した疑いで逮捕される

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


DCS Worldで実際にミラージュ2000Cを飛ばす様子が以下のムービー。

一方、協力したSullivan氏については18カ月の起訴延期が認められ、5月15日にはすべての起訴が棄却されたそうです。

実は、Eagle DynamicsはDCS World向けに F-16C ブロック50 の追加MODを2019年に配信する予定だったのですがキャンセルされたため、ファンからはこの騒動がきっかけで配信が中止になるのではないかと心配する声もあがりました。

この調査では会社のリソースが使用されておらず、輸出制限文書は会社のシステム内で取得・保存されてはいないことが確認されました。

また、当該する従業員がF-16 MODの開発作業や研究に関わっていなかったことも確認済みです」というコメントをオンラインフォーラムで発表しました。

出典: フライトシミュレーター開発会社の社員が戦闘機のフライトマニュアルを密輸した疑いで逮捕される GIGAZINE


元の記事を読む