SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

打つ手なかった錦織=ショット改善には手応え-ウィンブルドンテニス

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


序盤はリターンやラリーが深く決まり、フェデラーを自由にさせなかった。

重圧を受けて球が浅くなり始めた錦織はサービスゲームで苦労し、リターンゲームはあっけなく落とす展開を最後まで覆せず、「(相手の変化に)対応できず、焦りもあった」。

「全体的にプレーの質はすごく上がっていると思う。

収穫はたくさんあった」と手応えを口にする。

今後は2014年大会で準優勝するなど最も好成績を残している全米オープンへと続く、ハードコートのシーズンに入る。

出典: 打つ手なかった錦織=ショット改善には手応え-ウィンブルドンテニス 時事通信


元の記事を読む