SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ゴーストタウン化した町で生きる人々映し出す、ドキュメンタリー「陽のあたる町」公開

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ジョージア(グルジア)の町・チアトゥラを舞台にした本作。

同地はかつて世界で消費されるマンガンの50%を産出し、1万人もの労働者を雇用する鉱山だったが、ソビエト連邦の解体やマンガンの枯渇をきっかけに過疎化が進み、ゴーストタウン化していった。

映画では、そんな町で懸命に生きる人々や、過酷な環境で働く鉱夫たちの姿が映し出される。

ラティ・オネリ 監督作「陽のあたる町」は、6月15日より東京のシアター・イメージフォーラム、7月13日より神奈川・横浜シネマリンほか全国で順次公開される。

出典: ゴーストタウン化した町で生きる人々映し出す、ドキュメンタリー「陽のあたる町」公開 映画ナタリー


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ