SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織圭が残した興味深いコメント。「焦ってしまう」BIG3の圧力とは。(Number Web)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


2回戦で79%、3回戦で85%とサーブからの組み立てがうまくいっていたが、ミハイル・ククシュキンに苦戦した4回戦では66%に下がっており、サーブの調子は下降気味だった。

特にフェデラーがギアを上げた第2セットは、ファーストサーブ時に36%、セカンドサーブ時は25%とポイント獲得率が伸びなかった。

焦ってしまった、という言葉は、例えばノバク・ジョコビッチとの対戦を振り返る中でもしばしば聞かれる。

フェデラーは早い攻めで圧力をかけてくる。

フォアハンドの握りが厚い錦織にとって、この食い込んでくるボールは最も苦手なショットだ。

出典: 錦織圭が残した興味深いコメント。「焦ってしまう」BIG3の圧力とは。(Number Web) Yahoo!ニュース


元の記事を読む