SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

オールスター、浅村栄斗、山川穂高のアベック弾パ・リーグ3点リードで終

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


<マイナビオールスターゲーム2019・第1戦> パシフィック・リーグ ― セントラル・リーグ(12日・東京ドーム) セ・リーグは、横浜DeNAベイスターズ今永昇太投手が4回表も三者凡退に抑え、3回からパーフェクト投球で、流れを呼び込む。

その裏、パ・リーグ2番手有原航平投手に対し、先頭の丸佳浩外野手、鈴木誠也外野手の元カープ3・4番コンビが無死一、三塁のチャンスを作ると、4番筒香嘉智が放った打球は三遊間を抜けそうな当たり。

5回は巨人・山口俊投手がマウンドに上がる。

すると6回、2死からパ・リーグ3番の浅村が山口からセンターバックスクリーンに本塁打を放ち1点を追加すると、続く山川穂高内野手が2者連続の本塁打。

1死から丸佳浩外野手に安打を許すと、代走で出場した阪神のルーキー近本光司外野手に二盗を許し、1死二塁のピンチ。

出典: オールスター、浅村栄斗、山川穂高のアベック弾パ・リーグ3点リードで終 株式会社カンゼン (風刺記事) (プレスリリース)


元の記事を読む