SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

Apple Watchのトランシーバー機能が一時無効化。iPhoneを盗聴できる脆弱性対応のため

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


Appleは7月10日(現地時間)、Apple Watchのトランシーバー機能に脆弱性が見つかったとして、機能を一時的に無効化しました。

トランシーバー機能は、watchOS 5で導入されたもの。

不具合は、Appleのセキュリティーポータル「 セキュリティやプライバシーの脆弱性について報告する 」から報告されたもので、Appleは、この不具合が利用された形跡はないとしています。

こちらも修正までの間、無効化されました。

このときもユーザーからの不具合報告があったものの、1週間放置したとして大きな問題として取り上げらたわけですが、この経験を活かしたのか、今回は迅速な対応となっています。

出典: Apple Watchのトランシーバー機能が一時無効化。iPhoneを盗聴できる脆弱性対応のため Engadget Japanese


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ