SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

アガサ・クリスティー最高傑作「ねじれた家」が待望の映画化 一族全てが怪しい殺人ミステリーの幕が上がる

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


そんな名作ミステリーが、『サラの鍵』で知られるジル・パケ=ブランネールにより、映画化されました。

2011年公開映画『アルバート氏の人生』では、脚本兼プロデューサーを務めるなど、裏方としても幅広く活躍しています。

2011年公開アマンダ・サイフレッド主演映画『赤ずきん』で、ヴァレリーの婚約者ヘンリーを好演していました。

その後「マッドメンシリーズ」で一躍脚光を浴び、『ケイト・レディが完璧な理由』『ダーク・プレイス』『ネオン・デーモン』等の映画にも出演しています。

その他、『ゴーン・ガール』の原作者ギリアン・フリンによる小説を映画化した『ダーク・プレイス』や、『美しい妹』『マルセイユ・ヴァイス』『クラッシュ・ブレイク』等があります。

出典: アガサ・クリスティー最高傑作「ねじれた家」が待望の映画化 一族全てが怪しい殺人ミステリーの幕が上がる ciatr[シアター]


元の記事を読む