SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

生活保護費と同額支給の代わりに、プライベート情報を全て収集・マネタイズする社会実験Exographがスタ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


株式会社Plasma(東京都目黒区、代表取締役 遠野宏季)は、11月1日からプライベート情報を全て収集・マネタイズするExographの第一回社会実験を行います。

この社会実験では、東京都内23区の30歳前後の人々に支給される生活保護費用132,930円を提供する代わりに、その私生活データを動画で収集し、その費用を賄うことに挑戦します。

プロジェクトHP: https://exograph.plasma.inc 経緯: https://note.mu/hirokie/m/mebcdeca951ac プロジェクト経過: https://note.mu/hirokie/m/mf21c9832ee69 プロジェクトの進捗Twitter: https://twitter.com/hiroki_enno また本プロジェクトは11月1日からオープンする渋谷キューズのQWSチャレンジ#1「道の問いに挑戦するプロジェクト」にも採択されている。

社会的背景と本社会実験の意義 AIやロボットの発展に伴い、働かなくても良い人が将来的に現れると言われています。

その中で、例えば納税や労働以外に「生き様のデータ」を提供することで社会に貢献し、社会保障や金銭的対価を受けるという選択肢があっても良いのではないでしょうか。

出典: 生活保護費と同額支給の代わりに、プライベート情報を全て収集・マネタイズする社会実験Exographがスタ プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ