SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

前田、独走V!高校時代は補欠も…天満屋監督“武冨マジック”で開花/MGC

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑いちょう並木発着)2020年東京五輪代表を決める一発選考会として行われ、女子は前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分15秒で1位、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が3分47秒遅れで2位となり、切符をつかんだ。

レース後は立ちくらみからなかなか立ち上がることができなかったが、予想を超える暑さに打ち勝ち、東京の切符を手にした。

「優勝を狙っていたのですごくうれしい。

2時間19分の高速ペースでレースがスタート。

当初は大学進学予定だったが「やるからには上で戦いたい」と、2000年シドニー五輪から4大会連続で代表選手(シドニー・山口衛里、アテネ・坂本直子、北京・中村友梨香、ロンドン・重友梨佐)を輩出した実業団の名門・天満屋の門を18歳でたたいた。

出典: 前田、独走V!高校時代は補欠も…天満屋監督“武冨マジック”で開花/MGC サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ