SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


太陽光と水から燃料に使用可能なガスを合成できる「 人工葉 」を開発したと、ケンブリッジ大学の研究チームが発表しました。

学術誌 Nature Materials に掲載された論文によると、今回開発された人工葉は比較的安価な コバルト を使用しているため低コストで生産が可能で、雨や曇の日など太陽光が弱い時でも安定して燃料を生産することができるとのことです。

ガス燃料 について研究していたアンドレイ氏らは、植物が太陽光を利用した光合成により、水や二酸化炭素からエネルギーを生産するという仕組みに着目。

シンガスとは一酸化炭素と水素の混合ガスのことで、主に工業分野で肥料や医薬品などの製造に使われていますが、1970年代ごろまでは都市ガスとしても使われていたこともあり、燃料としての用途も期待できます。

しかし、アンドレイ氏らが開発した人工葉は、比較的安価なコバルトを触媒にしているため、その分コストを抑えることができます。

出典: 太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場 GIGAZINE


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ