SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「IT/イット」続編もR15+、監督は「ホラー感をより際立たせた」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


」の27年後を舞台にした本作は、連続児童失踪事件が再び発生し、大人になったルーザーズクラブの仲間たちが町に戻ってくるホラー。

このたび本作のレイティングが前作と同じくR15+指定作品に決まったことが発表された。

続編の出来栄えに「前作で監督はキャラクターを掘り下げて描いた。

だから主人公たちを応援したくなる素晴らしい映画体験ができる」と太鼓判を押した。

また監督の アンディ・ムスキエティ は「ホラー感をより際立たせた」と力説し、ベバリー役の ジェシカ・チャステイン は「ホラー映画の枠を超えた傑作」と絶賛。

出典: 「IT/イット」続編もR15+、監督は「ホラー感をより際立たせた」 映画ナタリー


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ