SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「貴景勝光信,大関,休場,千賀ノ浦部屋,御嶽海久司,日本相撲協会」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image 秋田魁新報

御嶽海(奥)を寄り切った一番で右膝を負傷した貴景勝=15日、両国国技館 大相撲の東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が夏場所5日目の16日、日本相撲協会に「右膝関節内側側副靱帯損傷にて、今後約3週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

3勝目を挙げた4日目の小結御嶽海戦で負傷。

令和初の本場所は初日から休場の横綱白鵬に続き、新大関で注目の看板力士が不在となった。

16日朝に大関から連絡を受けた師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、「本人から『痛みがあるので休場したいです』という話だった。

あまり痛いと言う男ではないので、相当痛いのだろう」と話した。

出典: 新大関貴景勝が夏場所を休場右膝負傷、再出場厳しく|電子 - 秋田魁新報

この記事をシェアする

一人横綱の 鶴竜 (33=井筒部屋)は16日、東京都墨田区の同部屋での朝稽古を終えた後、報道陣から新大関・ 貴景勝 (22= 千賀ノ浦 部屋)が夏場所5日目から休場することを知らされ、「エーッ」と驚きの声を上げた。

新大関場所で休場することになった22歳について「本人が一番悔しいでしょう。

師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)が次に出てくる場所は進退が懸かると捉えてた中、18年初場所で11勝を挙げ、同年春場所、夏場所と自身初の連覇につなげた。

修羅場をくぐってきた横綱は貴景勝に向けて「もう一回、見つめ直す機会と前向きに思えばいい。

4日目まで負けなしの一人横綱に懸かる期待はさらに大きくなった形だが「今日は今日で自分の相撲に集中していく」と平常心を強調した。

出典: 鶴竜貴景勝休場に驚き「エーッ」(2019年5月16日) - BIGLOBEニュース

この記事をシェアする

大相撲の東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が夏場所5日目の16日、日本相撲協会に「右膝関節内側側副靱帯損傷にて、今後約3週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

3勝目を挙げた4日目の小結御嶽海戦で負傷。

令和初の本場所は初日から休場の横綱白鵬に続き、新大関で注目の看板力士が不在となった。

16日朝に大関から連絡を受けた師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、「本人から『痛みがあるので休場したいです』という話だった。

あまり痛いと言う男ではないので、相当痛いのだろう」と話した。

出典: 新大関貴景勝が夏場所を休場 - 福島民友

この記事をシェアする

師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は16日に東京都内で取材に応じ、「本人から休場したいと連絡があった。

あまり痛いという男ではないから相当痛いと思う。

相撲人生を終わらせるわけにはいかない」と話した。

再出場せず、負け越せば、次の名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)はカド番で迎える。

貴景勝は小結だった昨年11月の九州場所で初優勝。

出典: 新大関の貴景勝が休場右膝痛めて - 毎日新聞

この記事をシェアする

4日目の取組後に厳しい表情で引き揚げる貴景勝 日本相撲協会は夏場所5日目の16日、新大関・貴景勝(22)=千賀ノ浦=が「右膝関節内側側副靱帯(じんたい)損傷で今後約3週間の加療を要する見込み」の診断書を提出して休場したと発表した。

再出場の可能性はなく、名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズ・アリーナ)がいきなりカド番になる。

翌場所も負け越して大関から陥落したのは武双山(現藤島親方)だけで、その翌場所には関脇で10勝を挙げて大関に復帰している。

5日目に対戦する予定だった玉鷲(片男波)は不戦勝となった。

痛めてないです」と気丈に振る舞っていたが、この日の早朝に複数の病院で検査を受けて休場を決めた。

出典: 貴景勝は靱帯損傷で約3週間の加 - スポーツ報知

この記事をシェアする