SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「噴火警戒レベル,箱根山,噴火」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image 上毛新聞ニュース

気象庁は19日、神奈川県の箱根山で18日から火山性地震が急増し、火山活動が高まっているとして「火口周辺警報」を発表し、噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。

大涌谷の想定火口域内では飛散する大きな噴石に警戒が必要になる。

箱根山の警戒レベルが2になるのは2015年以来。

この際はごく小規模な噴火も発生し、住民や観光客の安全確保のため一時は3の「入山規制」まで引き上げられた。

気象庁によると、箱根山では18日午前5時ごろから火山性地震が発生し始め、18日に45回、19日は午前9時までに21回観測された。

出典: 箱根山の噴火警戒レベル2に火山性地震急増で気象庁|社会 - 上毛新聞ニュース

この記事をシェアする

箱根山(箱根町)の火山活動が活発になったとして気象庁は19日、5段階の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

出典: 箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ火山性地震が増加 - 47NEWS

この記事をシェアする

気象庁は19日、火山活動が高まっているとして、神奈川県・箱根山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

大涌谷周辺の想定火口域内に影響を及ぼす噴火の可能性があり、大きな噴石の飛散などに警戒が必要だ。

同庁によると、18日午前5時ごろから山の地下や芦ノ湖西岸を震源とする火山性地震が増加。

同日から19日午前3時までの間に46回観測された。

オフィス版 国際映画祭 仏カンヌ 佳子さま 夕食会に 現役引退 伊藤みき 珍しい 決まり手 新スープラ 17年ぶり 痛恨ミス 世界選逃す 360キロ 新型新幹線 米最新ステルス駆逐艦 最新潜水艦 海上自衛隊 北朝鮮の 軍事力 京マチ子 さん死去 金メダル!

出典: 箱根山の警戒レベル引き上げ=火山活動活発、2に-気象庁 - 時事通信

この記事をシェアする

気象庁は、神奈川県の箱根山の噴火警戒レベルを「2」に引き上げると発表した。

箱根山では、18日の明け方から火山活動が活発化していて、気象庁は、噴火警戒レベルを火口周辺規制を示すレベル2に引き上げると発表した。

箱根山の噴火警戒レベルが2になるのは2015年以来で、これを受けて箱根町役場は、大涌谷への立ち入り禁止を決定した。

出典: 箱根山 火山活動活発化噴火警戒レベル2に - FNN.jpプライム - 日刊スポーツ

この記事をシェアする

神奈川県の活火山・箱根山で、火山性地震が増加するなど火山活動が高まっているとして、気象庁は19日未明、箱根山の噴火警戒レベルをこれまでの「1」から、火口周辺への立ち入り規制が必要な「2」に引き上げて、想定火口エリア内での噴火の発生に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、箱根山では18日早朝から、芦ノ湖の西岸を震源とする地震を中心に火山性地震が増加していて、18日午前0時から19日午前3時までに46回の地震が観測されたということです。

このため気象庁は、箱根山の火山活動が高まっていると考えられるとして、午前2時15分に、噴火警戒レベルを「活火山であることに留意」するよう求める「1」から、火口周辺の立ち入り規制が必要な「2」に引き上げました。

噴火が想定される火口エリア内での噴火の発生に警戒するよう呼びかけています。

箱根山の噴火警戒レベルが2になったのは、2015年11月以来です。

出典: 箱根山、噴火警戒レベル「2」に引き上げ - ニフティニュース

この記事をシェアする