SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「全仏オープン 2019 テニス」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image BIGLOBEニュース

<テニス:全仏オープン>◇8日◇フランス・パリ◇女子シングルス決勝【パリ=吉松忠弘】世界8位のアシュリー・バーティ(23=オーストラリア)が4大大会初優勝を遂げた。

◇ ◇ ◇決勝としてはあまりにもあっけない幕切れだった。

それでもテニスの魅力を忘れられず16年2月に復帰した。

世界623位から再スタートを切り「それも私の人生。

19年マイアミオープンで4大大会に次ぐタイトルを獲得。

出典: 全仏優勝バーティ、ホームシック苦しむも頂点つかむ(2019年6月9日) - BIGLOBEニュース

この記事をシェアする

2年連続で同じ顔あわせとなった決勝は、世界2位のラファエル・ナダル(33=スペイン)が、12度目の全仏優勝を飾った。

同4位で、4大大会初優勝を狙ったドミニク・ティエム(オーストリア)に6-3、5-7、6-1、6-1で勝ち、12度の優勝は、4大大会1大会での優勝回数として、男女を通じて歴代最多となった。

これで全仏は、05年に初出場初優勝を飾って以来、93勝2敗。

しかし、現在のナダルは、バックが弱点どころか武器と言えるほどに復活。

6月13日に、男女シングルス決勝ほかを、WOWOWライブで録画放送。

出典: ナダルが全仏12度目V、4大大会1大会で単独最多 - テニス - 日刊スポーツ

この記事をシェアする

166センチと上背はないが強打で勢いのあるボンドロウソバを圧倒。

しかし「1対1の駆け引きや勝負が恋しくなった」と言う。

約2年後に復帰し、世界ランキング600位台から再出発。

17年から4大大会に参戦し、翌年は全米の女子ダブルスで優勝。

「今は本当にいいテニスができている」と実感する。

出典: 一時クリケット転向テニス愛で復帰、頂点にバーティ全仏女子初優勝 - 毎日新聞

この記事をシェアする

【パリ=吉松忠弘】世界8位のアシュリー・バーティ(23=オーストラリア)が4大大会初優勝を遂げた。

決勝としてはあまりにもあっけない幕切れだった。

それでもテニスの魅力を忘れられず16年2月に復帰した。

世界623位から再スタートを切り「それも私の人生。

19年マイアミオープンで4大大会に次ぐタイトルを獲得。

出典: 全仏優勝バーティ、ホームシック苦しむも頂点つかむ - テニス - 日刊スポーツ

この記事をシェアする

【パリ時事】テニスの全仏オープン最終日は9日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝は、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3、5-7、6-1、6-1で下して3連覇を果たし、自身が持つ全仏の最多優勝回数を12に伸ばした。

四大大会通算では18度目の優勝となり、男子歴代1位のロジャー・フェデラー(スイス)の20勝にあと2勝と迫った。

ティームは昨年の全仏決勝に続いてナダルに敗れ、四大大会初制覇はならなかった。

女子ダブルス決勝では、第2シードのティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組が優勝した。

オフィス版 大谷、菊池 から一発 山里亮太 「夢かと」 18歳久保 代表初出場 操縦士の 死亡認定 9秒97 日本新記録 362キロ N700S 勝利の女神 始球式 佳子さま 贈賞式に フェラーリ 初のPHV トランプ氏 困った?

出典: ナダル、12度目の優勝=ティームを退ける-全仏テニス - 時事通信

この記事をシェアする