SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「ロペス」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image レスポンス(Response.jp)

(*本稿はすべてゴール時の順位、状況、手元計算等に基づくもの。

LMP1クラスで戦うトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)の「TS050 HYBRID」2台は、24時間レースという尺度で見ればトラブルらしいトラブルやアクシデントがないまま、約23時間経過まで戦っていた。

しかし、残り1時間前後のところで、トップ7号車に悲劇が起きる。

7号車を襲った状況の詳細は現段階で不明だが、トヨタ陣営にとっては2年連続1-2なのに、どこか喜びきれないゴールになってしまったことだろう。

なにより、可夢偉、コンウェイ、ロペスには辛い結果(2年連続2位)である。

出典: 【ルマン24時間】トヨタ“悲喜交々”の2年連続1-2…中嶋一貴組が連覇で王座も獲得、可夢偉組は残り1時間でまさかの首位陥落 - レスポンス(Response.jp)

この記事をシェアする

ル・マン24時間レースのチェッカーまで1時間となったところでトップを走行していたトヨタ7号車に立て続けにパンクが発生。

8号車に2分程度のキャップを築いてトップを走行していたホセ・マリア・ロペスがドライブする7号車だが、トップ走行中にスローパンクチャーに見舞われて緊急ピットイン。

2度のピットインを行って4本のタイヤを交換したが、立て続けのピットインによって2分あったギャップを失い、中嶋一貴がドライブル8号車がトップに浮上。

タイヤを交換したことでチームは問題は解消したとしているが、ホセ・マリア・ロペスはまだフロントの違和感を伝えている。

残り1時間、まだ何が起こるかはわからない。

出典: ル・マン24時間 | トヨタ7号車に2連続パンクで8号車が首位 / 残り1時 -

この記事をシェアする

7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が2位に続き、トヨタが1-2フィニッシュでFIA 世界耐久選手権(WEC) 2018-2019年スーパーシーズンを締めくくった。

トップでチェッカーを受けたのは中嶋一貴がドライブするトヨタ8号車。

トヨタ8号車は昨年に続きル・マン24時間レースを連覇。

中嶋一貴は日本人として初めてのワールドタイトルとなる。

3位にはSMPレーシングの11号車(ヴィタリー・ペトロフ/ミカエル・アレシン/ストフェル・バンドーン)が続いた。

出典: 【速報】 ル・マン24時間レース 結果:トヨタ8号車が優勝!7号車が2位 -

この記事をシェアする

総合優勝を果たしたのはTOYOTA Gazoo Racingの8号車(中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ/セバスチャン・ブエミ)で、昨年に続く2連覇を達成した。

予選でポールポジションを獲得し、決勝レースでも速さを見せていたトヨタ7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)だったが、残り1時間というところで失速。

8号車に首位を明け渡してしまった。

LM-GTE Proクラスを制したのは、ポルシェ勢の追撃を振り切った51号車AFコルセ。

LM-GTE Amクラスはキーティングモータースポーツの85号車が優勝となった。

出典: 【ル・マン24時間】決勝速報:トヨタ8号車が2連覇達成!7号車は残り1時間でのトラブルに泣き2位(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース

この記事をシェアする

トップを走行した小林可夢偉は、最後の走行を担当するホセ・マリア・ロペスにバトンタッチ。

「本当はもうちょっと行く予定だったんですけど、肩ベルトがHANSから落ちているという謎のいちゃもんをつけられて、強制的に入らないといけなくなりました。

だから、ちょっとイラっとしてます」と小林可夢偉はコメント。

早めに入ったのも戦略には全然影響ないんで、どっちにしろ余った分のを早めに入っただけなんで、これで行けば、何もなければ、大丈夫だと思うんですけど。

優勝すれば、小林可夢偉は、関谷正徳、荒聖治、中嶋一貴に次いで、日本人としては4人目のル・マン24時間のウィナーとなる。

出典: 最終スティントを終えた小林可夢偉 「勝つときの24時間は長い」 -

この記事をシェアする