SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「サッカー日本代表,トゥーロン国際大会,AFC U-23選手権,トゥーロン,サッカーメキシコ代表」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image スポーツナビ

だが後半41分、またもクロスボールを決められ1-2に。

残り時間の少ない中、同44分に途中出場の小川航基が今大会初ゴールを決め、試合を振り出しに戻した。

その後は日本の長沼、メキシコともに決めて4-4とし、最後は5人目の旗手が決めて決勝進出をつかんだ。

日本は歴代いいところまで行ってしっかり結果を勝ち取れないと思われてしまうので、ここで優勝を持ち帰るか持ち帰らないかで全然違うと思うので、中2日できるだけのことをチーム全員でして、勝利したいと思います」と決勝への意気込みを語った。

過去2回はいずれも準決勝で敗退しており、決勝進出が初の快挙となった。

出典: U22日本、トゥーロン国際初の決勝進出!メキシコにPK戦勝利横内監督代行「決勝は楽しむ」(スポニチアネックス) - Yahoo! - スポーツナビ

この記事をシェアする

後半に2度先行される苦しい展開だったが、MF相馬勇紀(22)=名古屋=とFW小川航基(21)=磐田=のゴールで追い付き、PK戦は4人目が失敗したメキシコに対して全員が成功した。

同41分に再びヘディング弾を浴びるも、同44分に途中出場のFW小川が落ち着いて決めて同点とした。

チーム一丸で優勝したい」とFW小川。

過去最高はMF松井大輔(現横浜FC)らを擁した2002年大会の3位。

歴史を塗り替える東京五輪世代の快進撃は続く。

出典: U-22日本、メキシコ破り初決勝!2度追いつきPK5-4 - サンケイスポーツ

この記事をシェアする

【オバーニュ(フランス)共同】サッカーのトゥーロン国際大会は12日、フランスのオバーニュで準決勝が行われ、東京五輪世代のU―22(22歳以下)の編成で臨んでいる日本はメキシコと2―2で突入したPK戦を5―4で制し、初の決勝進出を果たした。

決勝でブラジル―アイルランドの勝者と対戦する。

後半に2度先行される苦しい展開だったが、相馬(名古屋)と小川航(磐田)のゴールで追い付き、PK戦は4人目が失敗したメキシコに対して全員が成功した。

「世界を目指せ」そう言い続けた 錦織圭の元コーチ死去 5人家族、月給は4万円アップ…アベノミクスの実感は 老後の生活費、いくら必要? 朝日東大調査15年、政党は 里崎×野村弘樹の交流戦予想 タマネギ1.5個分のカレー フランス映画祭にご招待!

出典: サッカー日本、初の決勝進出:朝日新聞 - asahi.com

この記事をシェアする

第47回トゥーロン国際大会2019の準決勝が12日に行われ、U−22日本代表はU−22メキシコ代表と対戦した。

1点を追う日本は72分、田中碧のシュートはポストに阻まれてしまうが、こぼれ球に反応した相馬勇紀が右足一閃。

しかし、ドラマは終了間際に待っていた。

この結果、日本が史上初の決勝進出を果たした。

日本は15日に行われる決勝戦で、ブラジル対アイルランドの勝者と戦う。

出典: U−22日本代表が史上初の決勝進出!PK戦の末にメキシコを撃破 - ニフティニュース

この記事をシェアする

【オバーニュ(フランス)共同】サッカーのトゥーロン国際大会は12日、フランスのオバーニュで準決勝が行われ、東京五輪世代のU―22(22歳以下)の編成で臨んでいる日本はメキシコと2―2で突入したPK戦を5―4で制し、初の決勝進出を果たした。

決勝でブラジル―アイルランドの勝者と対戦する。

後半に2度先行される苦しい展開だったが、相馬(名古屋)と小川航(磐田)のゴールで追い付き、PK戦は4人目が失敗したメキシコに対して全員が成功した。

出典: サッカー日本、初の決勝進出トゥーロン国際大会、U―22|全国のスポーツ - 上毛新聞ニュース

この記事をシェアする