SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「ゴディン」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image

昨季はセリエA4位に終わり、来季こそ10年ぶりのスクデット獲得を狙うインテル。

複数メディアによると、ローン費用は500万ユーロ(約6億円)であり、買い取りオプションは2500万ユーロ(約30億円)になるようだ。

しばらくはサン・マリノやチェゼーナでセリエB、C時代を過ごしたが、2016年にサッスオーロへ移籍し、21歳でセリエA初出場を経験。

なお、インテルの補強はまだ続くようだ。

すでにゴディン、MFヴァレンティーノ・ラザロの獲得を発表しているが、次のターゲットはFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)とFWエディン・ジェコ(ローマ)と伝えられている。

出典: -


立ち上がりからボールを支配するものの、なかなか決定機を作り出せないウルグアイは14分、右サイドからのクロスにルイス・スアレスがヘッドで合わせるも、ミートできない。

対するペルーも1トップのパオロ・ゲレーロが何度いい形でボールを受けるも、ディエゴ・ゴディンとホセ・ヒメネスのCBコンビに水際で防がれ、フィニッシュに持ち込めない。

結局、両チームとも得点が奪えず、PK戦に突入する。

激闘を制したペルーは、現地時間7月3日に行なわれる準決勝でチリと対戦。

勝った方が、ブラジル対アルゼンチンの勝者とファイナル(7日開催)で相まみえる。

出典: ペルーがPK戦の末に番狂わせ!ウルグアイはスアレスの失敗と「3度のゴール取り消し」が響く…【コパ・アメリカ】(SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


「攻守ともに世界のトップクラスがいるチーム。

チリ戦よりもできるだけ高い位置でディフェンスをしたいです」と口にする。

もっとも、このふたりだけを抑えれば良いというわけではない。

さらにディエゴ・ゴディン、ホセ・ヒメネスのCBコンビを軸とした最終ラインは実に強固で、ボールを奪えば即座にカウンターを仕掛けてくるだけに、安易なボールロストは命取りとなるだろう。

ワールドサッカーダイジェスト 6月5日発売 欧州サッカーの1年を凝縮!

出典: - サッカーダイジェストWeb


森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)。

チリ戦でゴールチャンスを何度か作り出しており、久保も「自分たちでこじ開けることもできていた」と一定の評価を下した。

ウルグアイはFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)をはじめ、DFホセ・マリア・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)、DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)ら主力の起用が予想されている。

森保監督はウルグアイ戦で数人のスタメン入れ替えを明言している。

チリ戦でフル出場した久保はベンチスタートの可能性もあるなか、途中出場の“切り札”として再び脅威を与えられるだろうか。

出典: 18歳MF久保建英、ウルグアイ戦で求める「結果」今大会は「技を磨く場所ではない」(Football ZONE web) - Yahoo! - スポーツナビ


試合に先立ってウルグアイのスターティングメンバーが発表された。

最多16度目のコパ・アメリカ制覇へ好スタートを切った。

なかでも、ルイス・スアレスとエディンソン・カバーニの2トップは大会出場国でも屈指の破壊力を誇る。

さらに、DF陣では主将のディエゴ・ゴディンを筆頭に堅守も兼ね備えており、日本にとっては厄介な相手となるのは確実だ。

特筆すべきはエクアドル戦で負傷したマティアス・ベシーノがメンバーから外れ、ルーカス・トレイラが中盤を務めるものと見られている。

出典: スアレス&カバーニの強力2トップが先発!連勝目指すウルグアイが日本戦のスタメン発表(GOAL) - Yahoo!ニュース