SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「はやぶさ2,はやぶさ,リュウグウ,宇宙航空研究開発機構」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image 毎日新聞

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの2回目の着陸に成功したことを受け、久保田孝・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所研究総主幹は11日、笑顔で語った。

はやぶさ2の動きは、事前のシミュレーションとほぼ一致しており、久保田さんは「事前に見ていた動きとまったく同じようだったので、(これは)リハーサルじゃないかと思うほどだった」と振り返った。

久保田さんによると、はやぶさ2は同日午前10時6分ごろにリュウグウへ着陸したとみられており、その時間に物質を採取するときに弾丸を撃つ機器付近の温度が約10度上がっていたことから、弾丸が発射され、すべてが計画通りに実施されたことが確認されたという。

相模原市中央区の宇宙科学研究所にある管制室は80人を超えるメンバーで埋め尽くされ、はやぶさ2から届くデータを固唾(かたず)をのんで見つめた。

着陸で最も早いと想定されていた時間と1~2分のずれにおさまっており、着陸の目印となるターゲットマーカーを比較的早く捕捉できたのではないか。

出典: 「完璧すぎるくらい完璧」と笑顔はやぶさ2が2回目の着陸に成功 - 毎日新聞


探査機はやぶさ2が2度目の着地を目指す小惑星リュウグウ(JAXA、東京大など提供) 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は11日、小惑星リュウグウへの2回目の着地に向けて降下していた探査機はやぶさ2が、想定通りに上昇を始めたと発表した。

人工クレーター周辺への着地が、成功した可能性が高く、管制室は喜びに包まれた。

JAXAは機体の状態などについて、確認を進めている。

出典: はやぶさ2が想定通り上昇…リュウグウに着地成功可能性 : テクノ - 読売新聞


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前10時20分、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの2回目の着陸に成功したとみられると明らかにした。

はやぶさ2が昨年6月27日にリュウグウへ到着してから約1年、さまざまな挑戦をしてきたが、最後の大きな山場を乗り越えた模様だ。

プロジェクトチームは11日午前、着陸実施の最終判断をした。

相模原市中央区のJAXA宇宙科学研究所にある管制室では、はやぶさ2から届く電波の変化を見守り、リュウグウに対して降下を続けていたはやぶさ2が上昇したことを確認すると、拍手と笑顔が広がった。

一方、「リュウグウの目前で目隠しを外す」(津田雄一・プロジェクトマネジャー)ような状況になるため、自律運用に切り替わったときのはやぶさ2の視野が狭くなり、ターゲットマーカーを見つけられないリスクが高まるなど、着陸の成功確率が低くなる可能性が指摘されていた。

出典: はやぶさ2:はやぶさ2着陸に成功小惑星の地下物質、採取できていれば世界初の快挙 - 毎日新聞


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、小惑星探査機「はやぶさ2」が再着陸に向けて降下を始めたと発表した。

ゴーサインが出れば、その後はJAXAの管制から離れ、高度計やカメラの画像を元に自ら判断して着陸する。

地球に持ち帰ることができれば世界初となる。

ただ、はやぶさ2は前回2月に着陸した際に舞い上がった砂でカメラが見えにくくなっている。

津田雄一プロジェクトマネージャは「いよいよこの日が来た。

出典: はやぶさ2、降下を開始1日かけリュウグウに再着陸へ - livedoor


成功すればふたつの史上初を達成することになる。

だから2回目の着陸はせず、大切な宝を持ち帰るという選択肢もあった。

黒い物質は有機物を豊富に含んでいる可能性がある。

第2回着陸への期待と、万が一失敗してお宝を失うリスク。

第2回の着陸をすることで探査機にどんな影響があると考えられ、その結果、地球に帰ってこられないリスクがないかどうかも検討した。

出典: 葛藤を乗り越えて「はやぶさ2」2度目の着陸へ(JBpress) - Yahoo!ニュース