SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

「はやぶさ2」に関するトレンドトピック

Twitterのトレンドで話題になっているキーワードの時事ニュース記事を自動要約して読みやすくまとめています。


Responsive image ギズモード・ジャパン

7月11日、日本のJAXAが宇宙に送り出した小惑星探査機 「はやぶさ2」 が、地球近傍小惑星リュウグウに対して 2度目のタッチダウン(接地)を成功 させました。

これもまたホップして移動し、母機である「はやぶさ2」に写真や各種データを送信することになります。

JAXA! はやぶさ2はMINERVA-IIをリュウグウに残したまま、地表のサンプルを持って2020年に帰還する予定です。

JAXAはやぶさ2プロジェクト の最新トピックスには、地球の近くまで戻った「はやぶさ2」が、サンプルを回収したカプセルを オーストラリアのウーメラ管理区域 で回収するために豪政府と協議を進めていると報じています。

そこはオーストラリアらしい広大な赤い大地が広がっており、カプセルを落とすのにもってこいの場所ですね。

出典: 「おむすびころりんクレーター」。はやぶさ2が作ったクレーターの名前です - ギズモード・ジャパン


Video: JAXA | 宇宙航空研究開発機構/YouTube YouTubeの説明では、この撮影は日本時間の2019年7月11日10:03から10:11に、搭載小型モニタカメラ(CAM-H)で撮像頻度を変えながら 約7分50秒間 行われた、とあります。

この動画は、「はやぶさ2」がリュウグウのおよそ 8.5m 上空にいるところから始まります。

地表のガタガタでゴツゴツした様子が見て取れますよね。

でも、あれだけ接地の勢いで小石が吹き飛んだわけですから、かなり 楽観視 していいんじゃないでしょうか。

大仕事が終わった「はやぶさ2」は、今後もタッチダウン地点を観測するべくしばらく軌道上に留まり、願わくば宇宙規模で貴重なサンプルを携えて、 地球の大気圏上空 まで戻ってきます。

出典: 宇宙のかなたで岩がコナゴナに!「はやぶさ2」タッチダウンの動画が公開 - ギズモード・ジャパン


出典: はやぶさ2のタッチダウン2nd大成功!! お祝いの(低予算)解説動画を作りました〜! - ギズモード・ジャパン


そしてチームは最近、宇宙空間に浮かぶ岩石の表面に、2度目のタッチダウンを試みるというかなり難しい決断を下した。

そして、この勇敢な宇宙船は、今回4番目のステップまで完了した。

2回目のタッチダウンが危険過ぎるものになったり、それによって大きなトラブルをかかえることになってしまう可能性は、いくらでもあった。

最終的に、彼らはリスクは許容できるものであり、成功すればさまざまな意味で重要な功績になると判断することができた。

これはとてつもなく素晴らしいことであり、歴史的な快挙だ。

出典: はやぶさ2は小惑星リュウグウへの2回目の着地に成功 - TechCrunch


小惑星の地下物質が採取できていれば世界で初めて。

JAXAによると、はやぶさ2は十一日午前十時六分、目標としていた半径三・五メートルの円のほぼ中央に着陸した。

現在は高度二十キロの待機場所へ向かって上昇中だ。

小惑星は約四十六億年前に太陽系が誕生した頃の姿を残す。

二〇年末ごろ帰還して、試料の入ったカプセルを地上に投下する。

出典: はやぶさ2完遂地下物質を初採取 - 中日新聞


関連記事

「はやぶさ2」のその他の記事