SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 相撲

本割は西十両3枚目の千代翔馬をすくい投げ。 それでも体勢を立て直して逆転した。 11勝4敗で並んだ東龍、勢、魁聖との4人によるトーナメント方式の十両優勝決定戦は、魁聖との取組が組まれた。 新入幕となれ...

元幕内・貴ノ岩を叔父に持つ東序二段56枚目・北天海(20)=尾上=は、東洋大出身の東序二段16枚目・村田(25)=高砂=との優勝決定戦を制して、初優勝を飾った。 先にまわしを取られるも、落ち着いて寄り...

新元号「令和」で、そして9月に日本国籍を取得後初めての優勝。 34歳8カ月での優勝は、年6場所制となった58年以降では4位の年長記録となった。 関取昇進時から白鵬の大銀杏(おおいちょう)を担当していた...

阿炎(右)を押し出しで下す白鵬(22日)=大石健登撮影 大相撲九州場所13日目(22日・福岡国際センター)――単独首位の白鵬が4場所ぶり43度目の優勝に王手。 2差で追う朝乃山は琴勇輝に完勝し、初の年...

白鵬が危なげない相撲で阿炎を下し、1敗を守った。 すぐに左上手をとると、振りほどこうと引いた相手についていき、2秒7で押し出した。 「立ったときにいいところ(左上手)をとれた」と満足そうに振り返った。...

3敗で追う新小結・朝乃山は琴勇輝を押し出した。 14日目に白鵬が御嶽海に勝つか、敗れても朝乃山と正代も黒星なら、白鵬の4場所ぶり43回目の優勝が決まる。 両膝の故障や病気で一度は序二段まで落ちたが、来...

[PR] 大相撲九州場所(福岡国際センター)14日目の23日、横綱白鵬(34)=本名・白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が4場所ぶり43度目の優勝を果たした。 自身、令和になって初めて、9月に日本国籍...

大相撲九州場所14日目は23日、福岡国際センターで行われ、横綱・白鵬は関脇・御嶽海を外掛けで降して13勝1敗とし、今年の春場所以来、自身の持つ歴代最多を更新する43回目の優勝を決めた。 モンゴル出身の...

大相撲九州場所14日目は23日、福岡国際センターで行われ、横綱・白鵬が御嶽海を下して13勝目。 この日白鵬が敗れれば、優勝争いは千秋楽に持ち越されたが、結びの一番をしっかり締めて、14日目で決めてみせ...

大相撲九州場所は23日、福岡市の福岡国際センターで14日目が行われ、西横綱白鵬(34)=モンゴル出身、宮城野部屋=が関脇御嶽海を下して13勝目を挙げ、千秋楽を待たずに4場所ぶり43度目の優勝を決めた。...

[PR] 大相撲九州場所(福岡国際センター)14日目の23日、横綱白鵬(34)=本名・白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が4場所ぶり43度目の優勝を果たした。 自身、令和になって初めて、9月に日本国籍...

横綱白鵬が、千秋楽を待たずして3月場所以来となる史上最多43度目の優勝を飾った。 年間最多勝を決めている小結朝乃山は、前頭5枚目竜電に勝ったものの、白鵬が自力で優勝を決めた。 「この14日間、調子があ...

大相撲九州場所は14日目、横綱 白鵬が、関脇 御嶽海に勝ち、13勝1敗として4場所ぶり、43回目の優勝を決めました。

大相撲九州場所は14日目、横綱 白鵬が、関脇 御嶽海に勝ち、13勝1敗として4場所ぶり、43回目の優勝を決めました。

元大関で西幕下10枚目の照ノ富士(27)=伊勢ケ浜=が7戦全勝優勝を果たし、来場所の十両復帰を確実にした。 筋肉が目に見えて張り、自慢の怪力も戻った。 元大関が序二段まで落ち、相撲を取ることなど初めて...

左から小手で振り相手を1度、突き放すと最後は右四つに組み止め、左上手も引きつけて盤石の寄り。 肩で息をしながら、唇も小刻みにふるわせての開口一番は「新十両が決まった時より、うれしいです」だった。 その...

大相撲九州場所13日目(22日、福岡国際センター)元大関で西幕下10枚目の照ノ富士(27)が対馬洋(26)を寄り切り、7戦全勝で優勝。 もう一回やると決めてからやってきてよかった」とホッとした表情を浮...

左から小手で振り相手を1度、突き放すと最後は右四つに組み止め、左上手も引きつけて盤石の寄り。 肩で息をしながら、唇も小刻みにふるわせての開口一番は「新十両が決まった時より、うれしいです」だった。 その...

大相撲九州場所13日目の22日、幕下では西10枚目の元大関・照ノ富士が同51枚目・対馬洋との全勝対決を制し、7戦全勝で幕下優勝を決め、来場所の十両復帰を確実にした。 序二段まで落ちた今年春場所で5場所...

両膝のケガと内臓疾患により大関経験者として初めて幕下以下に転落した西幕下10枚目・照ノ富士(27)=伊勢ヶ浜=が、西幕下51枚目・対馬洋(26)=境川=との全勝対決に勝利。 両膝の東関脇から前頭に、そ...

平成23年の夏場所で初土俵を踏み、平成27年夏場所で初優勝して大関に昇進しました。 大関の地位を14場所にわたって守りましたが、おととしの秋場所で、ひざのけがなどのため途中休場して関脇に陥落しました。...

大相撲九州場所13日目(22日、福岡国際センター)元大関で西幕下10枚目の照ノ富士が7戦全勝で優勝。 来年1月の初場所での再十両が確実となった。 両膝の負傷などに苦しみ昨年夏場所から5場所連続休場。 ...

大相撲九州場所13日目の22日、幕下では西10枚目の元大関・照ノ富士が同51枚目・対馬洋との全勝対決を制し、7戦全勝で幕下優勝を決め、来場所の十両復帰を確実にした。 序二段まで落ちた今年春場所で5場所...

立ち合いは手つき不十分で2度の不成立。 今場所3番相撲から崩していない、やや険しい表情で「巻き返しが少し遅かった。 「最高ですね」の言葉は発したが、一方で場所前から口にしている言葉も繰り返した。 「残...

元大関照ノ富士、幕下Vで関取復帰へ/九州場所 (SANSPO.COM(サンスポ)) - 18日前

大相撲九州場所13日目(22日、福岡国際センター)元大関で西幕下10枚目の照ノ富士が7戦全勝で優勝。 来年1月の初場所での再十両が確実となった。 両膝の負傷などに苦しみ昨年夏場所から5場所連続休場。 ...