SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 相撲

笑福亭鶴瓶 MC「A-Studio」(TBS・MBS系)の8月23日(金)放送回に、大相撲の元横綱・稀勢の里の荒磯親方が出演する。 「A-Studio」放送11年目で相撲界からのゲストは荒磯親方が初。...

AIが出した対決結果をもとに、CGで再現する。 番組では、デーモン閣下、やくみつる、市川紗椰、はなわら好角家6人が3チームに分かれ、第44代横綱・栃錦から第72代横綱・稀勢の里までの29人の横綱の中か...

白鵬との一番も右四つから巻き替えて左四つ、さらに2本差しと、すべて右のまわしをつかんで、相手の動きをけん制している。 今場所の白鵬は逸ノ城にも琴奨菊にも、立ち合いで失敗して2本差しでやられている。 鶴...

大相撲名古屋場所千秋楽は21日、愛知・ドルフィンズアリーナで行われ、横綱鶴竜(33)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が昨年夏場所以来、7場所ぶり6度目の優勝を果たした。 鶴竜...

鶴竜が横綱対決となった結びの一番で白鵬を破り、昨年夏場所以来、自身6度目の優勝を飾った。 右下手を取って胸を合わせた鶴竜は、土俵中央で、左四つに巻き替えしもろ差しで白鵬を寄り切り、14勝1敗で幕内最高...

白鵬(左)を寄り切り、優勝を決めた鶴竜(21日)=田中秀敏撮影 大相撲名古屋場所千秋楽(21日・愛知県体育館)――鶴竜が14勝1敗で7場所ぶり6度目の優勝。 1差をつけていた白鵬を本割で、力相撲の末に...

三賞の選考委員会は千秋楽の21日、名古屋場所が行われている名古屋市の愛知県体育館で開かれ前頭7枚目の友風が殊勲賞に選ばれました。 友風は今場所持ち味の突き押しに加え、引き技も含めて思い切った取り口で勝...

関脇・ 御嶽海 には過去6勝5敗とほぼ五分。 鋭く踏み込んだ立ち合いでまわしを取れなくても慌てない。 そのショックを引きずらず、しっかり踏み込んでの速攻完勝だ。 東の土俵下で見届けた結びは 白鵬 が2...

大相撲名古屋場所は21日、ドルフィンズアリーナで千秋楽を迎え、日本相撲協会・八角理事長(元横綱・北勝海)が、横綱・白鵬(宮城野)ら三役力士と土俵に上がり、協会あいさつを行った。 大関・高安が左肘関節内...

支度部屋=大相撲名古屋場所 (時事通信) - 27日前

◇しょうもない相撲 照強 北勝富士にあっけなく突き落とされて3敗目。 碧山を破って準ご当所で幕内2場所連続勝ち越し。 7勝目を挙げて幕内残留が確実に。 オフィス版 京アニ火災 男に逮捕状 珍しい 決ま...

横綱鶴竜が7場所ぶり6度目の優勝に王手をかけた。 取組前まで対戦成績が6勝5敗の御嶽海に完勝。 前日13日目は友風に金星を配給し、白鵬に1敗で並ばれたが、再び単独トップ。 「(前日の黒星を)しっかり反...

20日は、鶴竜が関脇御嶽海に万全の相撲で勝って1敗を守った一方、白鵬は大関経験のある琴奨菊に敗れ、2敗に後退しました。 過去の対戦成績は、白鵬が41勝7敗と圧倒しています。 白鵬としては相手の鋭い出足...

大相撲 名古屋場所千秋楽は21日、名古屋市内のドルフィンズアリーナで行われ、優勝を懸けて両横綱が顔を合わせた結びの一番は、1敗の 鶴竜 (33=井筒部屋)が2敗の 白鵬 (34=宮城野部屋)を寄り切り...

大相撲名古屋場所は千秋楽の21日、横綱 鶴竜が結びの一番で2敗の横綱 白鵬を破って14勝1敗として7場所ぶり6回目の優勝を果たしました。

幕尻・照強の快進撃がついに止まった。 169センチ、112キロの小兵ゆえに立ち合いの形を十数種持ち、先場所までは状況に応じて使い分けてきた。 だが「(立ち合いで)しっかり当たらないと先はない」という師...

◇大相撲名古屋場所14日目(2019年7月20日 ドルフィンズアリーナ)幕尻の照強は 北勝富士 に突き落とされて3敗に後退、優勝の可能性が消えた。 「立ち合いをどうやっていくか考えすぎた。 今場所、一...

大相撲名古屋場所千秋楽(21日、ドルフィンズアリーナ)関取最軽量99キロ、168センチの西前頭14枚目炎鵬(24)が大翔鵬(25)を下手投げで破り9勝目を挙げ、有終の美を飾った。 入幕2場所目で初めて...

大相撲名古屋場所14日目(20日・ドルフィンズアリーナ)、幕内優勝25回の元横綱・朝青龍のおい、西幕下2枚目の豊昇龍(20)は3勝3敗で迎えた今場所最後の7番相撲で、東3枚目の玉木(26)にはたき込み...

ひざの大けがに苦しみながら、今場所で関取在位117場所の歴代最多記録に並んでいた。 年寄名跡「安治川」を所有しており、今後は後進の指導にあたる見込み。 初めて『出る』という選択肢以外を考えて、勝負師と...

十両は剣翔が初優勝大相撲名古屋場所 (産経ニュース) - 27日前

大相撲名古屋場所14日目の20日、十両は単独首位の剣翔(東京都出身、追手風部屋)が12勝目を挙げ、初優勝を決めた。 来場所の新入幕が有力。 三段目はともに高砂部屋所属の朝天舞(宮城県出身)と寺沢(新潟...

東十両6枚目・剣翔(27)=追手風=が、西十両4枚目・隆の勝(24)=千賀ノ浦=をはたき込みで下して12勝目を挙げた。 自身初の十両優勝を決め「まだ実感はないけどうれしい。 初日に負けていたが、「何で...

炎鵬に妙義龍は炎鵬が寄り切りで勝って、入幕2場所目で初めての勝ち越しを決めました。 志摩ノ海に碧山は志摩ノ海が上手出し投げで勝って、新入幕から2場所連続の勝ち越しを決めました。 北勝富士に照強は北勝富...

横綱白鵬(宮城野)が前頭五枚目琴奨菊(佐渡ケ嶽)に寄り切りで敗れ、痛恨の2敗目を喫した。 立ち合い、鋭い出足で踏み込んだ琴奨菊が左の前回しをつかみ、白鵬は苦しい体勢に。 元大関の意地を示した琴奨菊に対...

鶴竜は、今場所見せている低い立ち合いの当たりで、前まわしをつかむことができれば優位です。 対戦成績では56勝6敗と白鵬が圧倒していて、白鵬が得意の右四つになれば優位は動きません。 対する琴奨菊も左を差...

鶴竜は、今場所見せている低い立ち合いの当たりで、前まわしをつかむことができれば優位です。 対戦成績では56勝6敗と白鵬が圧倒していて、白鵬が得意の右四つになれば優位は動きません。 対する琴奨菊も左を差...