SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 競馬

ここまで順調に勝ち星を並べる PSG が3連勝を目指して クラブ ・ ブルー ジュの本拠地、ヤン・ブレイデル・シュタ ディオ ンに乗り込んだ一戦。 互いに国内 リーグ では首位を走る チーム 同士の対...

20日、京都競馬場で行われた 菊花賞 (3歳・牡牝・GI・芝3000m)は、好位でレースを進めた 武豊騎手 騎乗の3番人気 ワールドプレミア (牡3、栗東・ 友道康夫厩舎 )が、直線で先頭に立って、外...

スピードが優先される昨今、長距離G1は『時代遅れ』という声もあります。 今年はアーモンドアイを筆頭に超豪華メンバーとなり高い注目を浴びているが、まさに“テコ入れ”の成功例といえるだろう。 メンバーの質...

それが武にとって、自身の持つ史上最多記録を更新するダービー5勝目となった。 ディープインパクトが7月30日に世を去ってから初めて行われたクラシックが、第80回菊花賞(10月20日、京都芝外回り3000...

3冠最終戦、第80回菊花賞・G1は京都競馬場の芝3000メートルで3歳馬18頭が争い、3番人気のワールドプレミアが直線で抜け出して優勝。 「本当は春のG1でも活躍できたと思うけど、体に弱いところがあっ...

「 菊花賞 ・G1」(20日、京都)“小さ過ぎる牝馬”として注目を集めた メロディーレーン は、12番人気の低評価を覆す5着。 後方16番手から追い上げた。 クラシック登録がなかったため、追加登録料2...

3冠最終戦、第80回菊花賞・G1は京都競馬場の芝3000メートルで3歳馬18頭が争い、3番人気のワールドプレミアが直線で抜け出して優勝。 重賞初制覇をクラシックで飾った。 大塚亮一オーナーは、延べ6頭...

アーモンドアイ (牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)が負けられない秋初戦を迎える。 絶対女王は、ファンの揺るぎなき信頼に応えられるか。 絶対女王を引きずり降ろす絶好の機会が、サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・...

3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。 田辺裕信騎手(タガノディアマンテ=7着)「道中はスムーズで、折り合いもうまくついていました。 枠で内、外の差が大きかった。...

春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。 3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。 それだけに、もっと伸びてもという思いが...

京都11Rの 菊花賞 (3歳GI・芝3000m)は3番人気 ワールドプレミア ( 武豊騎手 )が勝利した。 今日は強い ワールドプレミア を見せることができて僕自身も久々のGIで嬉しいです。 長距離向...

川田将雅騎手にとっては、目を疑いたくなるようなゴール前だったかもしれない。 「現状だと、距離が長くなるのは良くないです。 先月に行われた菊花賞トライアル・セントライト記念(G2)のレース後。 サトノル...

競馬、ワールドプレミアが優勝 (西日本新聞) - 3日前

拡大 第80回菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(5)。 第80回菊花賞(20日・京都11R3000m芝18頭、G1)クラシック3冠レースの最終戦。 3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3...

ワールドプレミアで菊花賞を制し、写真撮影でガッツポーズする武豊騎手(中央)(20日) 競馬の第80回菊花賞(GI)が20日、京都競馬場で行われ、ワールドプレミアが勝った。 2着はサトノルークス、3着は...

武騎手が手綱をとった3番人気のワールドプレミアは、馬群の中でレースを進め、最後のコーナーで内側を突いて力強く先頭に立ち優勝しました。 手綱を取った50歳の武豊騎手は、そのディープインパクトで優勝した平...

武騎手が手綱をとった3番人気のワールドプレミアは、馬群の中でレースを進め、最後のコーナーで内側を突いて力強く先頭に立ち優勝しました。 手綱を取った50歳の武豊騎手は、そのディープインパクトで優勝した平...

競馬のクラシック3冠レースの最終戦、第80回菊花賞(GI)は20日、京都競馬場(11R、3000メートル芝)で18頭が出走して行われ、3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3分6秒0で制して重賞初勝...

春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。 3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。 騎乗した 武豊 騎手(50)=栗東・フ...

第80回菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(5)。 第80回菊花賞(20日・京都11R3000m芝18頭、G1)クラシック3冠レースの最終戦。 3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3分6秒...

春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。 3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。 騎乗した武豊騎手(50)=栗東・フリー...

2レース目は3歳以上3勝クラス、ハンデキャップ競走の桂川S(京都10R)。 重賞戦線で健闘してきたサトノティターン・テルペリオンあたりに支持が集まるでしょう。 「前走の着順が4着以下だった馬」は201...

20日、京都競馬場で行われた 菊花賞 (G1)は、 武豊 騎乗の3番人気ワールドプレミア(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。 「天才武豊」の真骨頂のようなレースぶりに、菊花賞3勝を誇るレジェンド岡部...

20日、京都競馬場で行われた 菊花賞 (3歳・牡牝・GI・芝3000m)は、好位でレースを進めた 武豊騎手 騎乗の3番人気 ワールドプレミア (牡3、栗東・ 友道康夫厩舎 )が、直線で先頭に立って、外...

ワールドプレミア優勝=競馬菊花賞 (時事ドットコム) - 3日前

中央競馬の3歳クラシックレース最終戦、第80回菊花賞(GI)は20日、京都競馬場の芝3000メートルコースに18頭が出走して行われ、武豊騎乗で単勝3番人気のワールドプレミアが3分6秒0で優勝した。 1...

競馬の第80回菊花賞(20日・京都11R3000メートル芝18頭、GI)前日発売の最終オッズ(午後5時30分現在)が19日発表され、単勝はヴェロックスが2・7倍で1番人気となった。 ワールドプレミアが...