SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 競馬

【中山記念】追って一言 (サンケイスポーツ) - 1時間前

◆トルークマクト・尾関師 「けいこはしっかりやれた。 ◆ハッピーグリン・田中淳師 「前走で地力強化は感じた。 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「予定通りの併せ馬でいい感じ。 前走は58キロでペースも遅く折...

【中山記念】厩舎の話 (サンケイスポーツ) - 19時間前

◆ウインブライト・松岡騎手 「競馬で集中できるように、併せ馬でしっかり。 ◆エポカドーロ・藤原英師 「昨秋は疲れもあった気がする。 ◆スワーヴリチャード・庄野師 「充電できた。 ◆ディアドラ・橋田師 ...

リーディングトップを走る名手の手綱さばきに注目だ。 ダイアナヘイローは昨年のこのレースを勝ってから大敗を続けていたが、昨秋の京阪杯で3着に入り、阪神Cでは1着。 ここ2走と同様に、1週前までにCWコー...

【中山記念(日曜=24日、中山芝内1800メートル=1着馬に3・31大阪杯優先出走権)注目馬20日最終追い切り:美浦】マイネルサージュは南ウッドでグラナタス(3歳500万下)と併入。 鹿戸調教師「短期...

第2Q残り4分8秒、ファジーカスが相手ゴール下でディフェンスリバウンドを取り、馬場雄大(23=A東京)へ素早くロングアシスト。 前半はオフェンスリバウンドでイランの12本に対し日本は2本のみにと圧倒さ...

第1クオーター(Q)、先発は、富樫勇樹(25=千葉)、比江島慎(28=栃木)、田中大貴(27)、竹内譲次(34=ともにA東京)、ファジーカス・ニック(33=川崎)。 それでも点差をキープし続け、残り4...

2メートル超の長身や「16文キック」で国民的人気を誇り、20年前に61歳で亡くなったプロレスラー、ジャイアント馬場さんの追善プロレス大会が19日、両国国技館(東京都墨田区)で行われた。 オープニングで...

デビューから【10・4・1・3】で、着外の3戦は全てJRA勢が相手。 船橋コースでも完勝した実績があるだけに、久々のタイトル奪取を期待できる。 前走はゲート内で長く待たされたのが響いたか、本来の反応が...

20日、船橋競馬場で行われた第55回報知グランプリC(4歳上・ダ1800m・1着賞金1200万円)は、好位でレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気タービランス(牡6、浦和・水野貴史厩舎)が、直線で最内...

本日20日に船橋競馬場で行われる報知グランプリカップ(4歳上・ダ1800m・1着賞金1200万円)。 南関東移籍後も安定した成績を残しており、ここでは実力上位か。 そのワークアンドラブに前走の金杯で先...

これまでの記録は、2007年オフにアレックス・ロドリゲスがヤンキースと結んだ10年総額2億7500万ドル(約304億円)だった。 オジュウチョウサンの障害復帰は、「どちらにしてもすごい挑戦」。 日本野...

2019年F1プレシーズンテスト2日目、スペイン・バルセロナで9チーム12人のドライバーが走行を行った。 首位はシャルル・ルクレールで、前日に引き続きフェラーリが好調さを見せた。 トロロッソ・ホンダの...

冬の競馬観戦は寒空の下でというイメージがあるが、指定席なら暖かい室内で楽しむことができる──2月23日(土)から3月17日(日)まで開催される第2回中山競馬では、事前にインターネットから指定席を購入す...

数週間前から体調を崩し、18日に緊急入院していた。 ファッション業界でイラストレーターの仕事を始めた後、仏ブランド大手クロエなどでデザインに携わった。 白髪をまとめたポニーテールに黒いスーツとサングラ...

18日、「スポーツ界のアカデミー賞」とも呼ばれる「ローレウス世界スポーツ賞」の授賞式がモナコで行われ、大坂なおみ(日本/日清食品)が年間最優秀成長選手賞を受賞した。 また、年間最優秀男子選手賞は、昨年...

藤田菜七子騎手、女性初のG1 (オピ・リーナ) - 3日前

中央競馬の今年のG1レース開幕戦、フェブラリーステークスは17日、東京都府中市の東京競馬場で行われ、日本中央競馬会(JRA)所属の女性ジョッキーで初めてG1に挑んだ藤田菜七子騎手(21)は5着だった。...

17日、東京競馬場で行われた、G1・フェブラリーステークスは武豊騎手騎乗のインティが逃げ切りを決め、同馬は7連勝のゴールを決めた。 フェブラリーS、勝利ジョッキーコメント 1着 インティ 武豊騎手 「...

第36回フェブラリーS(17日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円 =出走14頭)今年最初のJRA・GIは、1番人気のインティが鮮やかな逃げ切り。 ...

中央競馬のフェブラリーステークスに日本中央競馬会所属の女性ジョッキーで初めてGIに挑んだ藤田菜七子騎手。 第36回フェブラリーステークス(17日・東京11R1600メートルダート14頭、GI)1番人気...

大阪杯 やドバイ遠征の前哨戦として、GI馬5頭が登場。 豪華メンバーの一戦を制するのはどの馬か。 出走を予定している主な有力馬は次の通り。

藤田菜七子騎手が騎乗したコパノキッキングは最後方から追い込んで5着。 次は米国GIだ! 中央競馬の今年最初のGI、フェブラリーステークスが17日、東京競馬場で行われ、JRA女性騎手として初めてGIに騎...

インティが単勝1番人気に応えた。 武豊は、中央競馬のGI通算76勝目。 「最初は体質がとても弱かったが、強い勝ち方をしてくれるようになった」とは野中調教師。 愛馬のたくましい成長ぶりに目を細めた。 オ...

「第36回フェブラリーS」が17日、東京競馬場に6万人超の観衆を集めて行われ、藤田菜七子(21)騎乗の4番人気コパノキッキングは4角最後方から猛然と追い込んで5着。 ただ、言葉とは裏腹に、度胸満点の騎...

【フェブラリーS結果2019】インティG1初勝利 (競馬ヘッドライン) - 5日前

2月17日(日)に東京競馬場で開催された第36回フェブラリーステークスは、武 豊騎手が騎乗する1番人気のインティが優勝した。 勝ちタイムは1:35.6。 クビ差の2着はC.ルメール騎手が騎乗する2番人...

中央競馬(JRA)の第36回フェブラリーステークス(G1)は17日、東京競馬場のダート1600メートルに14頭が出走して行われ、単勝1番人気のインティ(武豊騎乗)が1分35秒6で優勝した。 7連勝で初...