SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 競馬

11月24日、東京競馬場で行われたG1・ジャパンカップで、3番人気に支持されたスワーヴリチャードが直線で最内を突いて抜け出し、昨年大阪杯以来のG1レース2勝目を飾った。 庄野靖志調教師 「大阪杯以来の...

第39回ジャパンカップを制したスワーヴリチャード。 中央競馬の第39回ジャパンカップ(24日・東京11R2400メートル芝15頭、GⅠ)は3番人気のスワーヴリチャード(オイシン・マーフィー騎乗)が2分...

浜中俊騎手(30)=栗東・フリー=は24日、京都12R・京阪杯で騎乗したファンタジスト(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)が3コーナーで転倒し、競走を中止。 同騎手は左鎖骨骨折、右肩甲骨骨折、胸椎骨折、肺挫...

翔太郎TMによると、関係者は「この馬場でも時計が速すぎる」と言っているようだけど、今回の馬場でヨーロッパの大物が参戦してきたらどうだったろうね。 野田TM 極端な瞬発力勝負にならないので合うと思います...

JRA秋競馬の大一番、第39回GIジャパンカップは24日、東京競馬場2400メートル芝で争われ、オイシン・マーフィー騎乗の3番人気スワーヴリチャード(牡5=栗東・庄野厩舎、父ハーツクライ)が優勝。 J...

11月24日の東京11Rで行われた第39回ジャパンカップ(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、15頭立て、1着賞金=3億円)は、オイシン・マーフィー騎手騎乗の3番人気スワーヴリチャード(...

前日までの悪天候の影響により、コースはスタミナとパワーが求められる重馬場に。 これなら自分のペースで脚をためられる」と勝算があった。 ワグネリアンなどの有力馬に囲まれても、手綱を取ったマーフィーは中団...

第39回ジャパンカップを制したスワーヴリチャード。 左は2着のカレンブーケドール=東京競馬場 第39回ジャパンカップ(24日・東京11R2400メートル芝15頭、G1)3番人気のスワーヴリチャード(オ...

東京11Rの第39回 ジャパンカップ (GI、3歳以上、芝2400m)は3番人気 スワーヴリチャード (O.マーフィー騎手)が勝利した。 ここまで海外にも行かせていただいたり、色々な挑戦をさせてもらい...

競馬の第39回ジャパンカップ(GI)は24日、東京競馬場の芝2400メートルコースに15頭が出走して行われ、オイシン・マーフィー騎乗で単勝3番人気のスワーヴリチャードが2分25秒9で優勝し、昨年4月の...

日本中央競馬会(JRA)は24日、京都第12レースの京阪杯に出走したファンタジストが3コーナーで転倒して競走を中止、急性心不全で死んだと発表した。 騎乗した浜中俊騎手は負傷し、京都市内の病院に搬送され...

日本中央競馬会は23日、第39回ジャパンカップ(GI、24日、東京競馬場、芝2400メートル)の前日売り最終オッズを発表し、昨年の日本ダービーを制したワグネリアンが単勝4.5倍で1番人気となった。 一...

3番人気のハーツクライ産駒、スワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が直線で内から抜け出し優勝。 騎乗したオイシン・マーフィー騎手はJRA・G1初勝利。 4着は12番人気のマカヒキ(武豊騎手)...

さて、今年のジャパンカップで私が注目している馬は2頭。 菊花賞・3着、ダイアモンドS・1着という実績からステイヤーという印象を受ける人もいるかもしれませんが、9月の新潟記念を優勝し、前走の天皇賞秋でも...

24日、東京競馬場で行われた11R・ジャパンカップ(G1・3歳上オープン・芝2400m)で3番人気、O.マーフィー騎乗、スワーヴリチャード(牡5・栗東・庄野靖志)が快勝した。 3/4馬身差の2着にカレ...

国際招待競走「ディープインパクトメモリアル 第39回ジャパンカップ」(G1、芝2400メートル)は24日、東京競馬場で行われ、マーフィー騎乗のスワーヴリチャード(牡5=庄野厩舎)が優勝、G1・2勝目を...

日本中央競馬会は22日、第39回ジャパンカップ(GI、24日、東京競馬場、芝2400メートル)の前々日売り最終オッズを発表し、昨年の日本ダービーを制したワグネリアンが単勝4.5倍で1番人気となった。 ...

GI馬が倍の10頭も揃った前走の天皇賞では、外枠からポジションを取れず直線に賭ける形になりましたが、2着とはコンマ1秒差の5着なら復調を示すに十分な内容だったと思います。 特に前走は、他馬と比べてそこ...

競馬場の芝やダートを間近で見たことがあるだろうか。 芸術的なまでの均質さに、おそらく誰もが度肝を抜かれることだろう。 長岡さんは、トレーニングセンターにトータルで7年間勤務したとのことですね。 栗東と...

「競馬のオリンピック」とも称された日本で最高峰のG1レース『ジャパンカップ』(以下、JC)が、39回目にして大きな岐路に立たされている。 さらに2006年から昨年まで13年連続で日本馬が勝利し、38回...

国際招待競走「ディープインパクトメモリアル 第39回ジャパンカップ」(G1、芝2400メートル)は24日、東京競馬場で行われ、マーフィー騎乗のスワーヴリチャード(牡5=庄野厩舎)が優勝、G1・2勝目を...

今週の第39回ジャパンカップ(11月24日、東京芝2400m、3歳以上GI)は、レース史上初めて、外国馬ゼロで行われることになった。 その意味では、ジャパンカップ創設時にかかげられた「世界に通用する強...

ジャパンC・G1 (24日、東京)は、「UMAJO(うまじょ)報知」のG1コラム「馬と歩もう」でおなじみの田中歩アナが、3年連続的中を目指します。 次も期待出来ると思わせてくれる内容でした。 最終追い...

中でも注目は、先日予定より2週間遅れて来日したランフランコ・デットーリ騎手だ。 メンバー中、道悪を歓迎しているのはダンビュライト、マカヒキ、スワ―ヴリチャードなど。 一昨年の大阪杯以降、優勝から遠ざか...

これを“由々しき事態”と捉えている人はどのくらいいるのでしょうか?まず、日本の馬主さんからすれば、外国馬に賞金を持って行かれる可能性がなくなったわけですから、むしろこれは“歓迎すべきこと”かもしれませ...