SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 競馬

西武は初回に3四球、栗山の右前適時打などで3点を先制したが、2回以降は打線のつながりを欠いた。 識者が選ぶ、平成の日本代表ベスト11! 3日間開催の藤田菜七子は新潟、東京で計19鞍に騎乗! ウッズが得...

イル・デ・パン島は大人気の島で世界自然遺産に含まれる貴重な海が広がっています。 ロサンゼルスやラスベガスからは少し足をのばしてグランドキャニオンなどの国立公園にも行くことが出来ます。 ペルーとメキシコ...

[PR] 陸上のアジア選手権第2日は22日、カタールのドーハで行われ、男子100メートル決勝で日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が10秒10(追い風1・5メートル)で優勝し、今大会の日本勢で最初の金...

男子100メートル決勝で力走する桐生祥秀(左)。 準決勝を10秒18で通過した山県亮太は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。 女子走り幅跳びの高良彩花は6m16で銀メダルを獲得。 同ハンマー投げの...

男子100メートル決勝で力走する桐生祥秀(左)。 準決勝を10秒18で通過した山県亮太は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。 女子走り幅跳びの高良彩花は6m16で銀メダルを獲得。 同ハンマー投げの...

桐生祥秀が10秒10で優勝 (福島民友) - 2日前

男子100メートル決勝で力走する桐生祥秀(左)。 準決勝を10秒18で通過した山県亮太は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。 女子走り幅跳びの高良彩花は6m16で銀メダルを獲得。 同ハンマー投げの...

地元記念を制した郡司浩平 川崎競輪の開設70周年記念G3海老澤清杯「桜花賞」決勝が21日、第12Rで争われた。 打鐘(残り1周半)から先行した松井宏佑に乗った、郡司浩平(28)=神奈川・99期=が、後...

21日、京都競馬場で行われた比良山特別は、最後の直線コースで11番メイショウロセツが内側に斜行したため、12番トーホウアルテミスがつまずく事象があった。 この件についてメイショウロセツの川田将雅騎手は...

1番人気のダノンプレミアムが快勝。 安田記念(6月2日・東京)の優先出走権を獲得した。 好スタートから2番手に控えて、道中は追走。 直線で満を持して追いだすと、逃げるグァンチャーレをかわして、金鯱賞に...

2009年からの過去10年、連対馬は(2)(3)、(1)(4)、(9)(15)、(1)(2)、(1)(2)、(4)(6)、(2)(1)、(3)(2)、(12)(10)、(1)(13)番人気の組み合わせ...

招待選手による男子100メートル予選で、多田修平(住友電工)が追い風1・5メートルの条件下で10秒31をマークして、午後の決勝に進んだ。 ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は追い風1・5メートルで10秒53に...

陸上の出雲大会は21日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートル予選で、多田修平(住友電工)が追い風1・5メートルの条件下で10秒31をマークして、午後の決勝に進んだ。 ケ...

陸上の出雲大会は21日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートル予選で、多田修平(住友電工)が追い風1.5メートルの条件下で10秒31をマークして、午後の決勝に進んだ。 ケ...

16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの ケンブリッジ飛鳥 (25=ナイキ)が21日、出雲陸上(島根・浜山公園陸上競技場)の男子100メートルで今季国内初戦に臨む。 前日はスタートの確認などで...

陸上出雲大会、多田は10秒31 (デイリースポーツ) - 4日前

陸上の出雲大会は21日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートル予選で、多田修平(住友電工)が追い風1・5メートルの条件下で10秒31をマークして、午後の決勝に進んだ。 ケ...

陸上の出雲大会は21日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートル予選で、多田修平(住友電工)が追い風1・5メートルの条件下で10秒31をマークして、午後の決勝に進んだ。 ケ...

○…今回と同距離のミモザ賞で2勝目を挙げたエアジーン(牝3、堀)。 近親にシュヴァルグランやヴィルシーナがいる血統馬だ。 ここまで3戦2勝と底を見せておらず、重賞挑戦でも期待がかかる。 森助手は「今週...

著者のコラム一覧 競馬予想家としてこの道40年オーバー。 ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。 開催替わりで気になるのが、馬場状態だ。 今冬の京都芝は馬場...

安田記念馬モズアスコットが、プレミアム“1強”の状況に真っ向から勝負を挑む。 香港マイル7着以来となるが、「少し体は立派に見えても始動戦としてはフレッシュでいい状態。 坂路で4馬身先着したけいこに乗っ...

スムーズな競馬ができれば、今回のメンバーなら突き抜けてもおかしくない。 前走とてダービー以来約9か月半ぶりのレースで、リスグラシュー、ペルシアンナイト、アルアイン、モズカッチャンなど、錚々たるメンバー...

牝馬クラシック第一弾「桜花賞」では勝ち馬のグランアレグリアが格の違いを見せつけましたが、オークスには向かわないということで俄然オークスにチャンスの芽が出てきたと見る陣営も多いのではないでしょうか。 今...

今週末に行なわれるGIIフローラS(4月21日/東京・芝2000m)も、そのひとつ。 そのフローラSだが、過去5年間のうち3連単の配当が4度も10万円超えと、穴党には見逃せない一戦となっている。 ただ...

競馬の世界でも、一瞬の判断で着順が入れ替わり、悔やまれる結果となり、後悔することは多々ある。 ましてや競走馬生活の中で一度しかないクラシックに出走できるかが決まるトライアルレースでは、優先出走権が得ら...

賞金的に②着までの優先出走権がないと、本番出走は厳しい。 激戦必至なら、フェアリーポルカの出番だ。 ノーザンファーム営業部長の中尾義信氏に聞いた。 この記事は会員限定です。 日刊ゲンダイDIGITAL...

スムーズ な競馬ができれば、今回の メンバー なら突き抜けてもおかしくない。 前走とて ダービー 以来約9か月半ぶりの レース で、リス グラシュ ー、 ペルシアン ナイト、アル アイン 、モズカッ ...