SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事はMicrosoft Translatorを使って機械翻訳を行なっています。

カテゴリー: 競馬

(C)MAZIMICKEY2019年8月18日、小倉競馬場で北九州記念(GIII/芝1200m)が行われる。 今回は週中時点における最新の人気・予想オッズ、日程やコースなどの開催条件、JRAが発表した...

ただ、前走はスタート後の不利で最後方となりスローペース。 前々走は外々を回されて距離ロスでバテてしまった、と運のない競馬での結果と言えなくもありません。 その点をカバーしてくれそうなのが、今回初めて付...

注目馬ぞろい(栗東 (スポーツ報知) - 22時間前

まずは松永幹厩舎の【シャンドフルール(牝、父キズナ、母バイコースタル)】ですね。 続いては友道厩舎の【ヴァルコス(牡、父ノヴェリスト、母ランズエッジ)】ですね。 まずはワールドエースの弟になる【ヴェル...

データの集計・分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。 また、2着のダイメイプリンセスは、前走アイビスSDで上がり3ハロンがメンバー中2位という記録。...

そうなると実績のある人気サイドを素直に信頼したい。 いずれも4歳のG1馬、①ブラストワンピース、⑨フィエールマン、⑫ワグネリアンが「3強」と考えていいだろう。 デビュー以来ほぼ完璧といっていい戦績の同...

関係者より仕入れた「極秘ネタ」から選んだ勝負馬を紹介したい。 4歳になった今年は天皇賞・春のタイトルを奪取。 勝ち星こそあげていないが、今年の春3戦はすべて勝ち馬から0.1秒差。 得意な舞台で金星をあ...

札幌記念2019の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気 (競馬TIMES(ケイバタイムズ)) - 22時間前

一線級が集結する中で、求められるのはGⅠレベル。 逃げ馬はネオリアリズム以外来ていないという意外なデータがある札幌記念。 勝ちこそ少ないが直線の末脚だけでどうにかなりやすくなっている。 函館記念組も大...

「スーパーGII」と呼ぶにふさわしい豪華な顔ぶれがそろいました。 そんなレースにあって、フィエールマンとブラストワンピースは今回、GI凱旋門賞(10月6日/フランス・芝2400m)に向けたステップとし...

フィエールマン、ブラストワンピースの2頭はこのあと凱旋門賞挑戦を展望している。 13年間に前半3F32秒台が10回も記録され、平均は「32秒63」。 父母両系ともにアメリカ血統の典型で、Raise a...

2019年8月18日、小倉競馬場で北九州記念(GⅢ/芝1200m)が行われる。 アベレージがいいのはアイビスサマーダッシュ組で3勝を挙げている。 また、モズスーパーフレアは2つ目の消しデータに合致して...

例年レベルの高い馬が集まるスーパーG2「札幌記念」がいよいよ開催されます。 今回は当サイトが公開した 過去10年のデータ・傾向 や、筆者が独自で調べた傾向に当てはまる激走期待の穴馬を1頭紹介したいと思...

昇級初戦の前走、5か月ぶりの北海ハンデ(2着)は好位から差し込む好レース。 もとより持久力には定評があり、初の洋芝もこなしたうえ、小回りの立ち回りは実績通りに巧みな馬。 舞台が移って札幌・2600メー...

門別で新馬勝ちを果たした好素材。 転入後は今ひとつの成績が続いたが、徐々に勝負どころでの反応が良くなり、東京湾C2着など本来の力を発揮するようになってきた。 デビューから連勝を果たし、平和賞でも4着。...

2回戦最後の試合は、関東第一が接戦を制して熊本工を破って16強最後の切符をつかんだ。 関東第一が16強入りするのは、オコエ(現楽天)を擁して4強入りした15年以来4年ぶりだ。 関東第一は3回に相手の失...

2回戦最後の試合は、関東第一が接戦を制して熊本工を破って16強最後の切符をつかんだ。 関東第一が16強入りするのは、オコエ(現楽天)を擁して4強入りした15年以来4年ぶりだ。 関東第一は3回に相手の失...

キングカメハメハの追悼行事始ま (サンケイスポーツ) - 6日前

9日に死んだ2004年の日本ダービー馬で種牡馬としても数々のGI馬を輩出したキングカメハメハの追悼行事が11日、全国の競馬場、ウインズで始まった。 札幌、新潟、小倉での記帳数は計3379件だった。 現...

2004年のダービー馬で、引退後は種牡馬として活躍したキングカメハメハ(牡18)が9日、けい養先の社台スタリオンステーションで死んだ。 同馬は04年のNHKマイルCでGI初制覇。 現役時代に主戦を務め...

JRA勢5頭を含む14頭によって行われた交流G3は、岩田康誠騎手が騎乗した2番人気のヤマニンアンプリメ(牝5歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が優勝。 前走の北海道スプリントCに続く重賞連勝を果たした。 好ス...

悲願達成はならなかった。 コパノキッキング(騸4歳、栗東・村山明厩舎)に騎乗した藤田菜七子(22)=美浦・根本康広厩舎=は、好スタートから果敢に2番手につけたが、直線で伸びを欠き3着。 JRA女性騎手...

《本紙の狙い》コパノキッキングはGIIIカペラS、根岸Sを連勝した実績馬。 出遅れた前走は驚異的な末脚を発揮して、大外から先行2頭の決着に割って入った。 北海道スプリントCで待望のタイトルをゲットした...

韓国馬事会(KRA)は11日、今年のコリアスプリント・国際G3(ダート1200メートル)、コリアカップ・国際G3(ダート1800メートル、いずれも9月8日・ソウル競馬場)に日本調教馬を招待しないことを...

8月12日(月)盛岡競馬場で行われる、クラスターカップ(Jpn3・3歳上オープン・ダ1200m)の枠順は下記の通り。 圧倒的人気に支持されそうなコパノキッキングと藤田菜七子騎手に注目が集まる一戦。 ス...

韓国馬事会(KRA)は11日、今年のコリアスプリント・国際G3(ダート1200メートル)、コリアカップ・国際G3(ダート1800メートル、いずれも9月8日・ソウル競馬場)に日本調教馬を招待しないことを...

今や世界を飛び回るジョッキーとなった 藤田菜七子 が、JRA女性騎手の重賞初Vが懸かる一戦に向けて集中力を研ぎ澄ます。 デビュー4年目にしては豊富な騎乗キャリアのせいだろう。 前走の 東京スプリント ...

JRAの特別レース・重賞レースでは、馬連や3連単で安定的に的中しており、直近回収率は170%と絶好調。 過去にはダート重賞で468,950円の高配当を掴んだ経験もある。 また、出走各馬のデータを人気に...